ごあいさつ

理事長写真
 理事長 上路 雅子

 日本植物防疫協会は、植物防疫に関する技術や知識の進歩を図り、農業生産の安定に寄与することを目的として1953年に設立されました。設立以来、病害虫防除に必要な資材の開発と登録の支援に向けた調査研究をはじめ、研修会やシンポジウムの開催など普及教育活動、書籍の発行や各種資材の提供など、植物防疫関連事業を多方面から展開してまいりました。2012年4月1日、新公益法人制度により「一般社団法人日本植物防疫協会」として新たなスタートを切りましたが、植物防疫に係る問題解決に積極的に貢献し、我が国の農業の発展にも役だっていくことが肝要と考えております。
 近年、地球規模での気候変動や人口増加に伴う食料不足が世界的に大きな問題になっており、安全な食料を安定的に供給する必要性が一層求められています。特に、温暖湿潤の我が国では農作物の病害虫の防除は不可欠であり、植物防疫に対しても有効な取り組みが求められています。一方、海外での農薬に対する規制強化や我が国での急性曝露評価の導入など新たな課題も山積しており、このような国内外における農薬を巡る諸問題に対しても、的確に対応することが当協会の使命であると考えております。
 我が国農業を取り巻く環境が大きく変化しつつある中、今まで以上に植物防疫関係者が連携して直面する課題に取り組み、難しい局面を打開していくことが大切です。当協会では、情報提供機能の拡充と会員組織の充実、新規剤の早期登録を目指す関係各社からの薬効・薬害及び残留等の受託試験の効率的実施、さらに、都道府県防疫協会との連携による地域の植物防疫関係者との連携強化に引き続き取り組んでまいります。今後も、植物防疫関係団体の中核的役割を果たすべく最善の努力を致す所存でおりますので、皆様からの一層のご支援とご鞭撻をお願い申し上げます。