沿革

1946年(昭和21年9月) 前身の社団法人農薬協会設立
1953年(昭和28年6月) 農薬協会を社団法人日本植物防疫協会に改組
事務所を東京都北区西ヶ原(農林省農薬検査所内)に設置
1955年(昭和30年5月) 事務所を豊島区駒込に移転
1957年(昭和32年7月) 研究所を小平市に開設
1967年(昭和42年5月) 資料館を研究所敷地内に開館
1974年(昭和49年1月) 研究所を改築
1977年(昭和52年3月) 試験研究農場を茨城県牛久市に開設
1981年(昭和56年6月) ウイルス抗血清作製施設を試験研究農場内に設置
1982年(昭和57年5月) 高知試験農場を高知県野市町に開設
1986年(昭和61年4月) 宮崎試験農場を宮崎県佐土原町に開設
1989年(平成元年4月) 試験研究農場に研究棟を新築
牛久市に研究所を移転(小平分室を設置)
1996年(平成8年4月) 高知試験農場・宮崎試験農場をそれぞれ高知試験場・宮崎試験場に改称
1997年(平成9年4月) 研究所に分析施設を設置・業務開始
秋田試験地を横手市に開設
2006年(平成18年1月) 研究所山梨試験地を山梨県山梨市に開設
2007年(平成19年4月) 研究所成東試験地を千葉県山武市に開設
2010年(平成22年9月) 事務所を現在地の北区中里に移転
2011年(平成23年1月) 研究所・成東試験地・山梨試験地をそれぞれ茨城研究所・千葉試験場・山梨試験場に改称
2011年(平成23年4月) 資料館を北区中里(本部内)に移転
2011年(平成23年6月) 山梨試験場を山梨市南に移転
2012年(平成24年4月) 一般社団法人日本植物防疫協会となる
2014年(平成26年1月) 岡山試験地を岡山市に開設
2016年(平成28年3月) 千葉試験場を廃止
2016年(平成28年12月) 秋田試験地を廃止
up