雑誌「植物防疫」

第51巻第9号 平成9年9月号



クリックすると口絵がご覧いただけます
 

特集:殺虫剤作用機構の新展開  
殺虫剤の作用点としてのニコチン性アセチルコリンレセプターチャネル――パッチクランプ法による最近の知見 永田啓一……1
ピレスロイドの作用機構と膜電位依存性神経イオンチャネル 松田一彦……6
塩素化シクロアルカン系殺虫剤および関連化合物のGABAレセプターチャネルにおげる作用機構 尾添嘉久……11
ニコチノイド系殺虫剤の作用機構とその作用点のすがた 富沢元博・松尾花子・山本 出……15
Monilinia fructigena によるリンゴ灰星病の発生生態 雪田金助……19
チューリップの微斑モザイク症状――発生生態と防除 守川俊幸……24

日本におけるカーネーションハモグリパエ(Liriomyza dianthicola (VENTURI))の新発生

岩崎暁生・水島俊一……28
アリ類の行動制御物質と害虫管理への利用――(1) セミオケミカノレによるアリ類の行動
制御(1)
秋野順治・山岡亮平……33
「イチモンジセセリの発生予察法の改善に関する特殊調査事業」について 江村 薫……40
(リレー随筆) 産地の研究室から――地域ブランドを育てる(23) ヒロシマナ 桒田祐二……42
植物防疫基礎講座  
農業害虫および天敵昆虫等の薬剤感受性検定マニュアル( 13)
野菜・花き害虫:コナガ
足立年一……44
野菜・花き害虫:モンシロチョウ 森下正彦……49
(新病害虫情報) クロマルコガネ 山口卓宏……53
新しく登録された農薬(9.7.1~7.31) ……54
農薬紹介 ……55
中央だより(病害虫発生予察ニュース) ……51
学界だより ……58
人事消息 ……39

up