昆虫にも結石症 −カメムシの作る芸術品− 

 チャバネアオカメムシの消化器は中腸に4条の胃盲嚢を持ち、マルピギ−管の開口部から後ろは直腸と呼ばれる膨大部を形成している。この直腸に結晶体を持つ個体が飼育中の系統から発見された。この飼育系統は1978年から累代飼育中の94世代目であった。結晶は主としてマルピギ−管の開口部に接して形成されているので、直腸の前端に位置するものが多い。結晶は長さ 3mm〜0.5mm とばらつきが大きい。透明針状、棒状の結晶が一点を中心に放射状に配置したもの、板状の結晶が重なったものなど4〜5種の型に分類できるが、やや黄色〜褐色に着色している場合がある。直腸内の結晶の形成頻度は羽化後7〜42日後の個体を調査した。 

1. 交尾を行い産卵をしたグル−プ 
2. 羽化後交尾を行わせず、一方の性のみで飼育したもの 
3. 野外採集の越冬成虫(6月20日までに採集したもの)

この調査から結晶体は累代飼育雄成虫に特異的に3〜4週間後から形成され、日数の経過に従って増加することがわかった。野外から採集したものからは発見できなかった。生成の原因・成分は不明である。

 直腸内に結晶体を含んだ雄の個体 

カメムシの腸(バリウムを吸引させて撮影)

直腸から取り出された結晶体(1.8mm)