ヒメハナカメムシ類の卵寄生蜂


 ヒメハナカメムシ類は吸汁性昆虫の捕食者として注目され、施設栽培では生物農薬として登録されるほどの人気である。この天敵の死亡要因として共食・クモ類の捕食が知られている。一方全ての昆虫には寄生性天敵がいるとの例に漏れず、ヒメハナカメムシの卵に寄生する蜂が発見された。ダイズ圃場に生息するヒメハナカメムシの動態調査から卵寄生蜂が発見された。この蜂はホソハネコバチ科に属する微小なもので、現在はErythmelus属に分類されるものとされている。0.5mmほどなので肉眼で見るることはほとんど不可能である。一般にヒメハナカメムシは植物の葉の葉脈の中に産卵し、その先端は外部に露出している。従って寄生蜂はこの卵殻の先端を探し産卵する。ダイズに生息するコヒメハナカメムシは葉の主脈基部に産卵することが多い。この部分をカッタ−ナイフで切り取り、チャック付きビニ−ル袋に入れ、ハチの羽化を待つ。
 寄生蜂は前翅縁毛が非常に長く、翅表面には刺毛が少なく透明である。触角は特徴のある棍棒状部が灰色、胸部と腹部の一部は黒色で、腹節の前部は透明である、雄成虫の触角には形態的な特徴があり、繋節第2節は環状であることから、小型ではあるが見分けやすい。ホソハネコバチ科の検索表(Anneki and Doutt 1968)からはParallelaptera sp.と同定される。原記載標本はトラップで採集されたもので、寄主は不明とされている。現在この属にはヨ−ロッパから2種、南アメリカで1種が知られている。1940年代に記載された最初のものはビ−トのヨコバイが寄主とされた。しかし同種のものがビ−トのヨコバイの生息しないスペインなどで発見されたり、その後もビ−トのヨコバイからの羽化が試みられたが、ことごとく失敗している。今回ヒメハナカメムシ卵からの羽化を確認できたことによって、この属は他の3種も含めてヒメハナカメムシの卵寄生蜂である可能性が高くなった
 ヒメハナカメムシの密度や、捕食効果に対してこの卵寄生蜂がどんな影響を及ぼすかについては寄生率の動きなどを明らかにしなければならないが、調査は困難である。簡易的なモニタリング法として吸引粘着トラップがこのような微小昆虫に対しては効率がよい。ダイズ畑での例では卵寄生蜂の捕虫数が増加した後、ヒメハナカメムシの密度が抑制されたように見える。餌不足のためでないことはアザミウマの生息密度がそれほど変化していないことから明らかである。

ヒメハナホソハネコバチ成虫 ヒメハナホソハネコバチ幼虫 ヒメハナホソハネコバチ脱出口
ヒメハナホソハネコバチ脱出口 ヒメハナカメムシふ化孔 ヒメハナカメムシ卵気門
ヒメハナホソハネコバチ雄触角 ヒメハナホソハネコバチ雄
ヒメハナホソハネコバチ雌触角 ヒメハナホソハネコバチ雌 ヒメハナホソハネコバチ産卵管