いちばん大きな蛾といちばん小さな蛾

 日本一大きな蛾は、お土産にまでなっている有名なヨナクニサンです。どこかで見かけたことがあるでしょう。東日本で見られる最大のものははヤママユガでしょう。
 小さい蛾はどんな蛾でしょうか?色々な科に小さいものがいますが、体長2〜3mmのコハモグリガ科(Phylocnistidae)のブドウコハモグリやモグリチビガ科(Nepticulidae)のギンモグリチビガなどがそれに当たるのではないでしょうか。小型の蛾の特徴は前翅の縁毛の長さが普通のものよりも長いことです。行動が敏捷なのも特徴で、せわしなく動いている姿はとても蛾の成虫には見えません。ヤママユガとブドウコハモグリを比較してみました。

 ←クリック!
ヤママユガ(150mm) ブドウコハモグリ(2.3mm)