「菜園の害虫と被害写真集」
 「同定・診断には多くの経験を必要とするが、図鑑を始めとする実用的なテキストがあれば特定等の正解率は確実に向上する。しかしながら、診断に使えるテキストは少ないのが実情であった。雌雄の成虫、卵、1齢幼虫から成熟幼虫、蛹の各発育態、それに被害症状がカラー写真で紹介された資料があれば理想である。」  著者 巻頭言より

  池田二三高氏 自費出版
  
 B5判 268頁 本体 8,000円+消費税, 送料 実費

 本書は菜園(野菜畑)に発生する害虫133種について、虫ごとのステージ別写真、作物の被害写真がふんだんに掲載されており、その写真の出来も秀逸です。
さらに、形態および生態、そして被害に関する解説が詳しく述べられており、害虫の診断・同定に大きな力を発揮することでしょう。

 病害虫の診断・同定を業務とする場所には、必ず1冊備え付けておきたい図書です。
 また、虫好きの方にもお勧めの1冊です。
           マメハモグリバエ
           Liriomyza trifolii (Burgess)
Copyright © JAPAN PLANT PROTECTION ASSOCIATION All.Rights Reserved.