図書

植物防疫特別増刊号 17「 疫 病 」

B5判 本文133頁
本体 3,000円+消費税




ご購入はここを『クリック』
発売開始!

 近年,新種発見や再分類が盛んに行われている疫病菌について,「分子診断から見た
Phytophthora 属菌の新分類体系」,「疫病菌はどのように出現したのか」 といった遺伝子診断を背景とした最先端の情報から,「疫病菌の簡易な分離・培養・形態形成法」,「疫病菌とピシウム菌 類似点と相違点」といった基礎的な情報まで,本書編集委員* が厳選した情報を掲載しました。
 また,疫病菌が引き起こす
12病害について,発生生態,分離同定,防除技術,抵抗性育種など,現場からの情報を収載しました。
 さらに,「植物防疫」誌の創刊号から第
68巻(2014年)までに掲載した疫病関連記事リスト,誰もが考える疑問を解決するQ&A集など,疫病菌に関する最新情報を含む24編の記事を掲載した新刊本です。
 疫病に初めて携わる方から,さらに研究を進めていきたい方まで,皆さんのニーズをカバーする必携の1冊です。


*「疫病」 編集委員会
築尾嘉章氏(委員長,元 農研機構花き研究所
景山幸二氏
(岐阜大学流域圏化学研究センター
東條元昭氏
(大阪府立大学大学院生命環境科学研究科
植松清次氏
千葉県農林総合研究センター暖地園芸研究所)

【記事表題
(著者)
 口絵

植物防疫特別増刊号「疫病」の発行に当たって ―「疫病」事始め― (築尾 嘉章)#

総論

 分子系統から見たPhytophthora属菌の新分類体系 (景山 幸二)

DNA塩基配列に基づく日本産Phytophthora属菌の多様性評価 (景山 幸二ら)#

疫病菌類の同定のための簡易な分離・培養・形態形成法 Ver.3 (植松 清次)

 疫病菌の選択培地 (東條 元昭 ・ 築尾 嘉章)

 疫病菌とピシウム菌 類似点と相違点 (築尾 嘉章 ・ 東條 元昭)

疫病菌はどのようにして出現したのか (東條 元昭 ・ 大谷 洋子)#

5Phytophthora, Pythiumよび関連属の国際ワークショップに参加して (三宅 律幸)#

 疫病 Q&A ―疫病菌基礎の基礎― (本誌編集委員 共著)#
各論

 日本におけるジャガイモ疫病菌の系統の変化 (秋野 聖之)

ピーマン疫病・青枯病・PMMoVに対する抵抗性を持つ台木用品種‘台パワー’の育成 (松永 啓)

 北海道におけるアズキ土壌病害抵抗性育種の現状 (藤田 正平)

PCRによるPhytophthora nicotianaePh. cactorumのイチゴ主要生産地および圃場内分布調査 (景山 幸二・李 明珠)#

 日本産ダイズ茎疫病菌のレース判別体系の構築を目指して (森脇 丈治)

 ダイズ茎疫病に関する最近の話題 (杉本 琢真)

 ショウガ疫病の発生生態と防除法 (山崎 睦子)

 Phytophthora palmivoraによるカンキツ褐色腐敗病 (田代 暢哉)

 Phytophthora chrysanthemiによるキク疫病 (渡辺 秀樹)

 Phytophthora palmivoraよるルリトウワタ疫病 (甲把(安達) 理恵)
 
Phytophthora nicotianaeによるポインセチア疫病 (神頭 武嗣)

Phytophthora palmivoraによるパパイア苗立枯病の発生と太陽熱消毒による防除効果 (亀川 藍ら)

バラとイチゴから分離された2種の新種疫病菌Phytophthora nagaii, Ph. fragariaefolia (植松 清次ら)#

 クズ疫病 (向畠 博行・Mohammad Ziaur Rahman#

編集後記 [植物防疫Vol. 168に掲載された疫病間連記事リスト]#

#
和文初掲載または本誌でのみ掲載の記事

up