月刊植物防疫

次号予告

【目 次】
次号2019年11号の主な予定記事は次のとおりです。
特集:紫外光照射技術を基幹としたイチゴ病害虫防除体系構築
 紫外光(UV-B)照射技術を基幹とした施設イチゴ病害虫防除体系の構築 佐藤 衛ら
 UV-B照射によるハダニ類の防除メカニズムと環境要因 刑部正博
 植物を元気にして病気を防ぐ~植物活力剤によるイチゴの病害抑制技術~ 鳴坂義弘ら
 イチゴ施設栽培における超音波を活用した防蛾技術 中野 亮
カメムシ目とコウチュウ目の昆虫における振動を利用した行動制御と害虫管理 上地奈美ら
日本における除草剤抵抗性雑草の現状 山木義賢
チャの新害虫ヒサカキワタフキコナジラミの発生生態について 岩崎 剛ら
露地夏秋キュウリに発生する褐斑病のリスク要因分析 猫塚修一
水稲高密度播種栽培のいもち病防除 萬田 等
日植防シンポジウム
 密苗移植栽培技術の普及状況 澤本和徳
 水稲高密度育苗における箱粒剤の適応性 舟木勇樹
植物防疫講座
 病害編 Fulvia属菌による病害の発生生態と防除 飯田祐一郎
 虫害編 コナガ 髙篠賢二
 農薬編 ミトコンドリアATP合成酵素阻害剤 肥川広樹ら
研究室紹介
 農研機構 野菜花き研究部門 花き生産流通研究領域 生産管理ユニット 久松 完
 宮城県古川農業試験場 作物環境部 佐々木次郎
up


最新号 第73巻第10号 2019年10月号

巻頭言
私の植物防疫・農薬との関わりと最近思うこと 大森 茂……1
薬剤抵抗性研究の最前線
チャノコカクモンハマキにおけるジアシルヒドラジン系IGR剤(テブフェノジド剤)抵抗性発達メカニズムの解明と診断法の開発 浅野(内堀)美和・上樂明也・内山 徹・篠田徹郎……2
総 説
薬用作物(トウキ・トリカブト・オウギ)における栽培と病害虫防除 櫻井 美希……7
GAPにおけるIPMと薬剤抵抗性病害虫管理 鈴木 啓史……13
研究報告
イチゴ炭疽病の伝染源としての雑草の評価 平山 喜彦……21
秋田県の秋冬ネギにおけるネギ葉枯病の発生実態と防除対策 齋藤隆明・藤井直哉・松田英樹……27
調査報告
タイにおけるサトウキビ白葉病の発生生態と防除 小堀 陽一……33
トピックス
日本におけるテンサイシストセンチュウの発生と緊急防除 農林水産省 消費・安全局植物防疫課……38
近年のシロイチモジヨトウの発生状況と薬剤感受性 太田 泉・河野勝行……42
植物防疫講座
病害編-22 疑似紋枯症の発生生態と防除 野津 あゆみ……47
虫害編-21 野菜・花きのハモグリバエ類の発生生態と防除 德丸 晋……51
農薬編-21 抵抗性誘導剤(プラントアクチベーター) 梅村 賢司……59
研究室紹介
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門 昆虫制御研究領域 昆虫機能制御ユニット 田中 良明……64
佐賀県農業試験研究センター 病害虫・有機農業研究担当 井手 洋一……65
農林水産省プレスリリース(2019.8.5~2019.9.6) ……46
新しく登録された農薬(2019.8.1~8.31) ……26, 41
登録が失効した農薬(2019.8.1~8.31) ……32
発生予察情報・特殊報(2019.8.1~8.31) ……37
up


バックナンバー

購読のご案内

単月号購読の場合 小誌は通常号の場合定価947円(消費税込み)です。最新号の発売は原則的に毎月1日ですが、祝日土曜日曜などの都合により変更になることがございます。小誌は書店には並びませんのでご購入下さる場合は、書店にご注文いただくか直接当協会出版担当にご注文下さい。
定期購読の場合
年間後払購読料 11,364円(税込・送料サービス)
年間前払割引購読料 10,800円(税込・送料サービス)
以上お問合せご注文は ・・・・・ 一般社団法人日本植物防疫協会 支援事業部出版担当
電話:03-5980-2183(午前9時から午後5時) FAX:03-5980-6753
●FAX用紙はこちら ●お申し込みフォームはこちら
up