月刊植物防疫

次号予告

【目 次】
次号30年12号に予定されている掲載記事は次のとおりです。
IPMの経済的評価の考え方 澤田 守
野菜作におけるIPMの経済的効果 棚田光雄
水稲作におけるIPMの経済的効果 宮武恭一
リンゴ作におけるIPMの経済的効果の計測 長谷川啓哉
広食性カブリダニに対する薬剤感受性検定法 岸本英成
トマト半身萎凋病菌の新レース(レース3)について 宇佐見俊行
シンポジウムから
再評価制度と課題 横田篤宜
海外のジェネリック農薬の現状と我が国における展望 影島 智
植物防疫講座
病害編 疫病菌による病害 景山幸二
虫害編 イネ コブノメイガ 井上栄明
農薬編 生物農薬(殺虫剤) 山中 聡
研究室紹介
農研機構 中央農業研究センター 病害研究領域 抵抗性利用G
道総研 中央農業試験場 病虫部
up


最新号 第72巻第11号 平成30年11月号

巻頭言
病害虫発生予察情報から見えてくるもの 野田 隆志……1
総 説
カンキツグリーニング病対策の現状と今後の展望 冨村 健太……2
研究報告
愛知県におけるミナミアオカメムシの発生経過と現状 石川博司・小出哲哉……7
千葉県におけるミナミアオカメムシの分布と越冬 清水 健……14
ナシ園におけるケナガカブリダニからミヤコカブリダニへの種の置換要因を探る 後藤 哲雄……19
日本の南西諸島で誘殺されたミカンコミバエ種群の推定飛来源 大塚 彰・松村正哉……25
新技術解説
果実浸漬法によるオウトウショウジョウバエ卵の薬剤感受性検定の試行 溝部 信二……30
日植防シンポジウムから
農薬取締法の改正について 石岡 知洋……35
農薬環境行政の課題と対応方針 小笠原 毅輝……39
植物防疫講座
病害編 Spongospora属菌による病害の発生生態と防除 中山 尊登……44
虫害編 フタオビコヤガの発生生態と防除 奥谷恭代・福田侑記……48
農薬編 ミトコンドリア電子伝達系複合体III阻害剤 森下 祥……54
研究室紹介
農研機構 中央農業研究センター 虫・鳥獣害研究領域 生物的防除G 長坂 幸吉……60
茨城県農業総合センター 園芸研究所 病虫研究室 小河原 孝司……61
農林水産省プレスリリース(30.9.11~10.16) ……59
新しく登録された農薬(30.9.1~9.30) ……6, 13, 24, 34
登録が失効した農薬(30.9.1~9.30) ……53
発生予察情報・特殊報(30.9.1~9.30) ……38
up


バックナンバー

購読のご案内

単月号購読の場合 小誌は通常号の場合定価947円(消費税込み)です。最新号の発売は原則的に毎月1日ですが、祝日土曜日曜などの都合により変更になることがございます。小誌は書店には並びませんのでご購入下さる場合は、書店にご注文いただくか直接当協会出版担当にご注文下さい。
定期購読の場合
年間後払購読料 11,364円(税込・送料サービス)
年間前払割引購読料 10,800円(税込・送料サービス)
以上お問合せご注文は ・・・・・ 一般社団法人日本植物防疫協会 支援事業部出版担当
電話:03-5980-2183(午前9時から午後5時) FAX:03-5980-6753
●FAX用紙はこちら ●お申し込みフォームはこちら
up