月刊植物防疫

次号予告

【目 次】
次号29年11号に予定されている掲載記事は次のとおりです。
「セイヨウオオマルハナバチの代替種の利用方針」の策定について 農水省生産局園芸作物課
適切な農薬の後作物残留リスク評価に基づく実効的な管理技術の開発 清家伸康
施設栽培における天敵利用成功のための栽培管理技術 森光太郎
奈良県の露地ナス栽培における天敵温存植物を利用した害虫防除 井村岳男
施設キュウリにおけるミナミキイロアザミウマ,タバココナジラミの総合的管理技術 下元満喜
外来種クビアカツヤカミキリの徳島県内での発生状況とその対策について 中野昭雄
QoI剤耐性イネいもち病菌の発生地域における他系統薬剤及びQoI剤の本田防除剤を組み込んだ体系防除の効果検証 石井貴明
アブラムシ類における簡易薬剤感受性検定法の開発 松浦 明
改良DIBA法によるウイルス病の簡易診断 櫛間義幸
リレー連載
農薬製剤・施用技術の最新動向⑲航空防除(有人・無人航空機) 柳 真一
up


最新号 第71巻第10号 平成29年10月号


クリックすると口絵がご覧いただけます
アカホシカメムシ類の防除における種特異的捕食性天敵ベニホシカメムシへの期待:Btワタ普及による熱帯アジアの棉作害虫相の変化に伴って 河野 勝行……1
国内侵入が懸念されるポスピウイロイドの種子伝染 松下陽介・柳澤広宣・津田新哉……6
8種ポスピウイロイドの同時検出技術の開発と利用 柳澤広宣・津田新哉・松下陽介・志岐悠介……11
イチゴ苗の蒸熱処理技術について 高山 智光……16
静岡県のイチゴ栽培における蒸熱処理技術を基幹としたIPMの構築 片山 晴喜……22
DNAを用いた捕食性天敵の捕食歴解析について 三浦 一芸……25
岡山県の水稲乾田直播水田におけるシハロホップブチル抵抗性ヒメタイヌビエに対する防除対策の構築 那須英夫・伊藤一幸……30
畦内土壌中での薬剤分布を把握するための蛍光塗料の利用 福田 健・重水 剛・森 清文……35
根こぶ1個からの迅速・簡便なネコブセンチュウDNA抽出と種同定法 岩堀 英晶……39
和歌山県におけるトマト褐色輪紋病の発生と防除対策 菱池 政志……42
世代間ローテーションを基礎とした新たな殺虫剤抵抗性管理戦略とIRACの活動 島 克弥……45
リレー連載
農薬製剤・施用技術の最新動向⑱ドリフト防止(防除機,ノズル)~その現状と今後の展望~ 宮原 佳彦……58
農林水産省プレスリリース(29.8.16~29.9.12) ……34
新しく登録された農薬(29.8.1~8.31) ……10
登録が失効した農薬(29.8.1~8.31) ……5
発生予察情報・特殊報(29.8.1~9.1) ……15
up


バックナンバー

購読のご案内

単月号購読の場合 小誌は通常号の場合定価947円(消費税込み)です。最新号の発売は原則的に毎月1日ですが、祝日土曜日曜などの都合により変更になることがございます。小誌は書店には並びませんのでご購入下さる場合は、書店にご注文いただくか直接当協会出版担当にご注文下さい。
定期購読の場合
年間後払購読料 11,364円(税込・送料サービス)
年間前払割引購読料 10,800円(税込・送料サービス)
以上お問合せご注文は ・・・・・ 一般社団法人日本植物防疫協会 支援事業部出版担当
電話:03-5980-2183(午前9時から午後5時) FAX:03-5980-6753
●FAX用紙はこちら ●お申し込みフォームはこちら
up