月刊植物防疫

次号予告

【目 次】
次号29年7号に予定されている掲載記事は次のとおりです。
水稲の温湯種子消毒利用育苗施設におけるイネばか苗病の伝染環と衛生管理による感染抑制効果 越智昭彦
ブドウつる割細菌病の発生生態と防除 小松 勉
ショウガ白星病の発生生態と防除 森田泰彰
サトイモ疫病の発生状況と防除 黒木修一
イネ稲こうじ病の薬剤防除マニュアル 芦澤武人
侵入害虫クロテンコナカイガラムシの発生予察用誘引剤として利用できる性フェロモン物質の構造決定 田端 純
キウイフルーツの枝幹害虫キクビスカシバの生態と防除 窪田聖一
緑色LED灯を利用したモモのモモノゴマダラノメイガの被害抑制効果 佐野敏広
国内におけるジャガイモシロシストセンチュウの発生について 坂田尚史
植物防疫基礎講座 植物病原菌の薬剤感受性検定マニュアル2016
 (20)ブドウ晩腐病菌―QoI剤(生物検定・培地・遺伝子検定法)― 近藤賢一
 (21)リンゴ炭疽病菌―QoI剤(生物検定・培地検定)― 赤平知也
平成29年1月シンポジウムから
世代間ローテーションを基礎とした新たな殺虫剤抵抗性管理戦略とIRACの活動 島 克弥
リレー連載
農薬製剤・施用技術の最新動向⑮キャリアー~その特徴と今後の展望~ 木村健市
エッセイ
やじ馬昆虫撮影記 その10 野村昌史
新農薬の紹介
殺菌剤イソピラザム 蓮沼奈香子
up


最新号 第71巻第6号 平成29年6月号


クリックすると口絵がご覧いただけます
ムギ類の種子生産における黒節病管理技術
 ムギ類黒節病による被害と防除研究 井上 康宏……1
 ムギ類黒節病に対する効果的な種子消毒剤のスクリーニングとその防除効果 森 充隆……5
 ムギ類黒節病に対する生育期薬剤散布による防除効果 島田 峻・酒井和彦……11
雨よけ栽培と晩播によるムギ類黒節病の耕種的防除 田畑 茂樹……15
個別技術を組合せたムギ類黒節病の防除対策 酒井 和彦……20
ムギ種子の簡便な黒節病菌保菌粒率調査法 橋爪不二夫・藤田絢香……25
土着天敵タバコカスミカメをナスの周年栽培体系で利用する技術の開発 中野 昭雄……29
土着天敵タバコカスミカメを高知県内でリレーして利用する技術の開発 下元満喜・中石一英……34
多段接ぎ木法を用いたトマトにおける複合土壌病害の防除効果 熊崎 晃……39
植物防疫基礎講座 植物病原菌の薬剤感受性検定マニュアル2016
 (18)ブドウべと病―フェニルアミド剤(メタラキシルM)(生物検定)― ―QoI剤(生物検定)― 綿打 享子……44
 (19)ブドウべと病―QiI剤(生物検定)・シアゾファミド剤― 瀧井康子・阿部ゆずか……50
平成29年1月シンポジウムから
 殺菌剤耐性菌対策に係るFRACの活動 田辺 憲太郎……54
リレー連載
農薬製剤・施用技術の最新動向⑭微粒剤F~その特徴と今後の展望~ 三角 裕治……61
エッセイ
楽しい“虫音楽”の世界(その20 日本民謡の中の昆虫) 柏田 雄三……67
農林水産省プレスリリース(29.4.10~29.5.15) ……14
新しく登録された農薬(29.4.1~4.30) ……4
登録が失効した農薬(29.4.1~4.30) ……10
発生予察情報・特殊報(29.4.1~4.30) ……19
up


バックナンバー

購読のご案内

単月号購読の場合 小誌は通常号の場合定価947円(消費税込み)です。最新号の発売は原則的に毎月1日ですが、祝日土曜日曜などの都合により変更になることがございます。小誌は書店には並びませんのでご購入下さる場合は、書店にご注文いただくか直接当協会出版担当にご注文下さい。
定期購読の場合
年間後払購読料 11,364円(税込・送料サービス)
年間前払割引購読料 10,800円(税込・送料サービス)
以上お問合せご注文は ・・・・・ 一般社団法人日本植物防疫協会 支援事業部出版担当
電話:03-5980-2183(午前9時から午後5時) FAX:03-5980-6753
●FAX用紙はこちら ●お申し込みフォームはこちら
up