月刊植物防疫

次号予告

【目 次】
次号2019年10号の主な予定記事は次のとおりです。
薬用作物(トウキ・トリカブト・オウギ)における病害虫の発生と防除 櫻井美希
薬剤抵抗性雑草の現状について 濱村謙史朗
GAPにおける抵抗性病害虫管理 鈴木啓史
チャノコカクモンハマキにおけるジアシルヒドラジン系IGR剤(デブフェノジド剤)抵抗性発達メカニズムの解明と診断法の開発 浅野美和ら
イチゴ炭疽病の伝染源としての雑草の評価 平山喜彦
秋田県の秋冬ネギにおけるネギ葉枯病の発生実態と防除対策 齋藤隆明ら
タイにおけるサトウキビ白葉病の発生生態と防除 小堀陽一
近年のシロイチモジヨトウの発生状況と薬剤感受性 太田 泉ら
ヒサカキワタフキコナジラミの発生と生態について 岩崎 剛ら
植物防疫講座
 病害編 疑似紋枯症の発生生態と防除 野津あゆみ
 虫害編 ハモグリバエ類 德丸 晋
 農薬編 抵抗性誘導剤 梅村賢司
研究室紹介
農研機構 果樹茶業研究部門 生物機能利用研究部門 昆虫制御研究領域 昆虫機能制御ユニット 田中良明
佐賀県農業試験研究センター 病害虫・有機農業研究担当 井手洋一
up


最新号 第73巻第9号 2019年9月号

巻頭言
日本学術会議植物保護科学分科会と日本植物保護科学連合 松本 宏……1
総 説
施設栽培において飛ばないナミテントウの生存・発育を増強するブラインシュリンプ耐久卵 世古智一・安部順一朗・三浦一芸・手塚俊行・小原慎司・伊藤健司……2
研究報告
奈良県における土着天敵ヒメハナカメムシ類に対する殺虫剤の圃場影響調査に基づく露地ナスの天敵保護体系の改良 井村 岳男……7
「レガシーデータ」を再利用してアカスジカスミカメの分布拡大メカニズムに迫る 大澤 剛士……11
イネばか苗病の増加要因とその対策について 藤 晋一……18
千葉県の秋冬どりニンジン産地におけるしみ症の発生実態と品種間差異について 中村耕士・横山とも子・中田菜々子……24
ナシ黒星病の落葉処理による被害軽減効果 舟橋 志津子……27
調査報告
音声入力およびスタイラスペンの利用による病害虫調査の省力化 浅野峻介・芳田侃大・平山喜彦……34
新技術解説
新害虫ネギネクロバネキノコバエBradysia odoriphagaと混発するクロバネキノコバエ類の現場における簡易な見分け方 小俣良介・渡辺俊朗・岩瀬亮三郎・石原由紀・田上陽介……38
トピックス
京都府におけるネギハモグリバエ別系統の発生 德丸 晋・上杉龍士……43
植物防疫講座
病害編-21 白絹病菌による病害の発生生態と防除 越智 直……46
虫害編-20 野菜のアザミウマ類の発生生態と防除 柴尾 学……50
新農薬の紹介
コナジラミ類行動制御剤,アセチル化グリセリド乳剤の特長と使い方 加嶋崇之・北村登史雄・大西 純・古家 忠……56
研究室紹介
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門 生産・流通研究領域 病害ユニット 大田 将禎……60
岩手県農業研究センター 生産環境研究部 病理昆虫研究室 熊谷 拓哉……61
農林水産省プレスリリース(2019.7.10~2019.8.4) ……49
新しく登録された農薬(2019.7.1~7.31) ……55, 62, 63
登録が失効した農薬(2019.7.1~7.31) ……17
発生予察情報・特殊報(2019.7.1~7.31) ……37
up


バックナンバー

購読のご案内

単月号購読の場合 小誌は通常号の場合定価947円(消費税込み)です。最新号の発売は原則的に毎月1日ですが、祝日土曜日曜などの都合により変更になることがございます。小誌は書店には並びませんのでご購入下さる場合は、書店にご注文いただくか直接当協会出版担当にご注文下さい。
定期購読の場合
年間後払購読料 11,364円(税込・送料サービス)
年間前払割引購読料 10,800円(税込・送料サービス)
以上お問合せご注文は ・・・・・ 一般社団法人日本植物防疫協会 支援事業部出版担当
電話:03-5980-2183(午前9時から午後5時) FAX:03-5980-6753
●FAX用紙はこちら ●お申し込みフォームはこちら
up