月刊植物防疫

次号予告

【目 次】
次号29年9号に予定されている掲載記事は次のとおりです。
農薬に関する情報発信 上路雅子
農薬はどう教えられているか―教科書に登場する農薬 宮川 恒
農薬関連の講義におけるいくつかの試みとその受講生による記述文 巣山弘介
京都府におけるネギハモグリバエの発生生態 德丸 晋
LEDを用いたUV-B照射によるトマトモザイクウイルス(ToMV)の発病抑制 松浦昌平
喜界島におけるゴマダラカミキリ類の“バイオリサ”による防除 津田勝男
チャノホソガの殺虫剤検定法と薬剤感受性 上室 剛
長野県におけるナシ黒星病の「幸水」果実肥大期の主要感染時期 岩波靖彦
青森県におけるDMI剤耐性リンゴ黒星病菌の発生と防除対策 赤平知也
宮城県におけるQoI剤耐性イネいもち病菌の発生と対応 櫻田史彦
徳島県におけるラッキョウのホモノハダニの発生 中野昭雄
リレー連載
農薬製剤・施用技術の最新動向⑰ドリフト防止(防除機,ドリフト防止ノズル) 宮原佳彦
up


最新号 第71巻第8号 平成29年8月号


クリックすると口絵がご覧いただけます
“ミニディスペンサー”を土壌表面に施用する交信かく乱法によるケブカアカチャコガネの防除 新垣 則雄……1
群馬県の露地ナスにおける天敵利用防除体系の現状と展望 蓼沼 優……6
寄生蜂誘引物質CLBの特性とフジコナカイガラムシに対する密度抑制効果 手柴 真弓……10
イネツトムシの薬剤防除 加進 丈二……15
トルコギキョウの水耕栽培における根腐病への化学合成農薬の適用 佐藤 衛……19
小麦赤かび病を適期に防除するための開花期予測システム 黒瀬 義孝……22
海外における薬効・薬害に関する要求事項とマイナー作物対策 佐々木 千潮……26
フタオビコヤガの大量飼育法 奥谷恭代・福田侑記……33
捕食性天敵の代替餌としてのブラインシュリンプ耐久卵 三浦 一芸……37
植物防疫基礎講 植物病原菌の薬剤感受性検定マニュアル2016
 (21)リンゴ炭疽病菌―QoI剤(培地検定・生物検定)― 赤平 知也……41
奈良県におけるカキのチャノキイロアザミウマ多発について 井村 岳男……45
リレー連載
農薬製剤・施用技術の最新動向⑯育苗箱および田植同時処理装置~その特徴と今後の展望~ 濱田 晃次……49
GAPの取組・認証取得の拡大に向けて 及川 仁……53
エッセイ
楽しい“虫音楽”の世界(その21 「害虫唱歌」を聴く)最終回 柏田 雄三……56
農林水産省プレスリリース(29.6.14~29.7.13) ……55
新しく登録された農薬(29.6.1~6.30) ……48, 55
登録が失効した農薬(29.6.1~6.30) ……40
発生予察情報・特殊報(29.6.1~6.30) ……21
up


バックナンバー

購読のご案内

単月号購読の場合 小誌は通常号の場合定価947円(消費税込み)です。最新号の発売は原則的に毎月1日ですが、祝日土曜日曜などの都合により変更になることがございます。小誌は書店には並びませんのでご購入下さる場合は、書店にご注文いただくか直接当協会出版担当にご注文下さい。
定期購読の場合
年間後払購読料 11,364円(税込・送料サービス)
年間前払割引購読料 10,800円(税込・送料サービス)
以上お問合せご注文は ・・・・・ 一般社団法人日本植物防疫協会 支援事業部出版担当
電話:03-5980-2183(午前9時から午後5時) FAX:03-5980-6753
●FAX用紙はこちら ●お申し込みフォームはこちら
up