月刊植物防疫

次号予告

【目 次】
次号30年1号に予定されている掲載記事は次のとおりです。
巻頭言 上路雅子
新年を迎えて 島田和彦
新年を迎えて 渡邊朋也
平成29年の病害虫の発生と防除 農林水産省植物防疫課,農薬対策室
ジャスモン酸類縁体を用いたアザミウマ類の行動抑制による被害抑制効果 安部 洋
天敵温存植物の探索と利用技術の開発 安部順一朗
アスパラガスにおける立枯病,株腐病,疫病の生物検定法 畑 有季
メタリジウム・アニソプリエ粒剤に対する各種薬剤の影響 城塚可奈子
Coniothyrium minitanns製剤の処理条件が菌核病防除効果に及ぼす影響 岩本 豊
平成29年9月シンポジウムから
水稲初期防除における新しい粒剤施用法 寺岡 豪
畑作の耕起・畝成形機の現状と薬剤施用法 深山大介
植物防疫講座
農薬編 概説 廣岡 卓
虫害編 水稲害虫概説 平江雅宏
病害編 水稲病害概説 小泉信三
up


最新号 第71巻第12号 平成29年12月号


クリックすると口絵がご覧いただけます
徳島県のレンコン栽培における病害虫の発生状況と対策 沢田英司・阿部成人……1
茨城県のレンコン生産におけるレンコンネモグリセンチュウ防除対策の取り組み 高木素紀・宮本拓也・鹿島哲郎・後藤万紀・久恒和雅・柏木 優・豊田剛己……6
鹿児島県における近年のトビイロウンカとウンカシヘンチュウの発生実態 松比良邦彦・井上栄明・吉田睦浩・日鷹一雅……12
秋田県南部のリンゴ収穫果に多発した小黒斑について 佐藤 裕……18
赤かび病感染オオムギにおける収穫物の粒厚とかび毒濃度の関係 吉田めぐみ・中島 隆……24
Enzyme-Linked ImmunoSorbent Assay(ELISA)における消泡剤の利用 奥田 充……31
サツマイモトビハムシ(Chaetocnema confinis Crotch)の生態と防除 林川 修二……34
飼料用イネ栽培圃場における病害虫の発生実態 新山 徳光……40
栃木県におけるオオムギ斑葉病の発生と防除対策 山城 都・福田 充……48
日植防シンポジウムから
水稲の新しい移植法の展開 藤岡 修……52
海外での薬剤施用法の現状と国内への適用における課題 杉井 信次……56
農林水産省プレスリリース(29.10.16~29.11.13) ……23
新しく登録された農薬(29.10.1~10.31) ……4, 11
登録が失効した農薬(29.10.1~10.31) ……22, 23
発生予察情報・特殊報(29.10.1~10.31) ……51
第71巻総目次(月別・項目別) ……i~viii
up


バックナンバー

購読のご案内

単月号購読の場合 小誌は通常号の場合定価947円(消費税込み)です。最新号の発売は原則的に毎月1日ですが、祝日土曜日曜などの都合により変更になることがございます。小誌は書店には並びませんのでご購入下さる場合は、書店にご注文いただくか直接当協会出版担当にご注文下さい。
定期購読の場合
年間後払購読料 11,364円(税込・送料サービス)
年間前払割引購読料 10,800円(税込・送料サービス)
以上お問合せご注文は ・・・・・ 一般社団法人日本植物防疫協会 支援事業部出版担当
電話:03-5980-2183(午前9時から午後5時) FAX:03-5980-6753
●FAX用紙はこちら ●お申し込みフォームはこちら
up