月刊植物防疫

次号予告

【目 次】
次号30年3号に予定されている掲載記事は次のとおりです。
特集:光と色を利用した害虫防除技術の新展開
 「光と色を利用した害虫防除技術の新展開」の特集によせて 本多健一郎
 光防除技術開発の現状 霜田政美
 赤色光を利用した温室メロンで発生するミナミキイロアザミウマ防除技術 石川隆輔
 新型赤色系防虫ネットの各種微小害虫に対する防除効果 徳丸 晋
 青色光を用いたチャノコカクモンハマキの防除技術 佐藤安志
 青色光照射による殺虫技術の開発 堀 雅敏
 紫色LEDによる天敵カメムシの誘引技術 荻野拓海
 色彩エッジによる粘着トラップの改良 八瀬順也
 光捕虫器の農業利用における課題と可能性 弘中満太郎
 アオドウガネ成虫を誘引するLED光源の最適波長の探索および誘引距離の推定 永山敦士
植物防疫講座
病害編 イネ紋枯病 宮坂 篤
虫害編 イネドロオイムシ 城所 隆
農薬編 ニコチン性アセチルコリン受容体競合的モジュレーター 安宅 雅
新農薬の紹介
ピカルブトラゾクス 桒原頼人
up


最新号 第72巻第2号 平成30年2月号

巻頭言
病害虫防除技術開発の羅針盤 津田 新哉……1
総 説
農業生物資源ジーンバンク微生物部門に登録された微生物保存株の学名管理について 青木孝之・澤田宏之・永井利郎・一木(植原)珠樹・埋橋志穂美・中島比呂美……2
研究報告
イチゴうどんこ病に対する高濃度炭酸ガスの処理効果 菅野 英二……15
ウメすす斑病に対する各種殺菌剤の防除効果と効果的な防除体系 武田 知明……19
Fusarium oxysporumによるニンジン乾腐病 金子 洋平……22
ダリアにおけるトマト黄化えそウイルスの植物体内分布 浅野峻介・平山喜彦・松下陽介……28
トピックス
栽培ブドウにおけるブドウミタマバエ(仮称)Asphondylia sp.の発生とハリオタマバエ類の生態 佐々木正剛・上地奈美……33
日植防シンポジウムから
種子処理による省力的な薬剤施用法 森 拓馬……38
植物防疫講座
病害編 イネいもち病の発生生態と防除 小泉 信三……42
虫害編 イネミズゾウムシの発生生態と防除 城所 隆……56
農薬編 アセチルCoAカルボキシラーゼ阻害剤―テトロン酸およびテトラミン酸― 渡辺 賢・中倉紀彦……63
新農薬の紹介
新規殺菌剤フルオピラムの特性 波多野 広幸……68
農林水産省プレスリリース(29.12.12~30.1.15) ……14
新しく登録された農薬(29.12.1~12.31) ……27,37
登録が失効した農薬(29.12.1~12.31) ……62
発生予察情報・特殊報(29.12.1~12.31) ……32
up


バックナンバー

購読のご案内

単月号購読の場合 小誌は通常号の場合定価947円(消費税込み)です。最新号の発売は原則的に毎月1日ですが、祝日土曜日曜などの都合により変更になることがございます。小誌は書店には並びませんのでご購入下さる場合は、書店にご注文いただくか直接当協会出版担当にご注文下さい。
定期購読の場合
年間後払購読料 11,364円(税込・送料サービス)
年間前払割引購読料 10,800円(税込・送料サービス)
以上お問合せご注文は ・・・・・ 一般社団法人日本植物防疫協会 支援事業部出版担当
電話:03-5980-2183(午前9時から午後5時) FAX:03-5980-6753
●FAX用紙はこちら ●お申し込みフォームはこちら
up