月刊植物防疫

次号予告

【目 次】
次号2020年3号に予定されている掲載記事は次のとおりです。
ナミハダニ個体郡構造の遺伝的解析による殺ダニ剤感受性低下個体郡の分布要因の推定 羽田 厚
DNA塩基配列を用いたハダニ類の種の識別と系統関係の推定 松田朋子ら
千葉県南房総地域におけるチャバネアオカメムシの発生量予測とメタアナリシスを用いたビワ二重果実袋の被害抑制効果の評価 清水 健
国内市販品種からのトマト葉かび病菌レース検定用固定系統の作出 窪田昌春
イチゴにおけるチバクロバネキノコバエの被害詳細 小林政文
ナス果実の小陥没症とナス褐色斑点病の関係 岩舘康哉
2019年に多発したトビイロウンカによる被害の状況とその要因 真田幸代
国際植物防疫年2020に向けて 消費・安全局植物防疫課
植物防疫講座
病害編 Fusarium属菌の生態・病原性・実験方法と,分類に関する近年の状況 外側正之
 虫害編 野菜のオオタバコガ類 八瀬順也
 農薬編 アセチルコリンエステラーゼ阻害剤 林 直孝
 農薬編 ミトコンドリア電子伝達系複合体III Qi部位に作用する殺菌剤 荒木智史ら
研究室紹介
農研機構 野菜花き研究部門 病害ユニット 中保一浩
鹿児島県農業開発総合センター 茶業部 松比良邦彦
up


最新号 第74巻第2号 2020年2月号

巻頭言
農業にロマンを―農薬業界としてできること― 小池 好智……1
研究報告
ハダニからみた捕食性カブリダニ類のステルス性 大槻初音・矢野修一……3
滋賀県における斑点米カメムシ類の水田および水田畦畔での発生消長 樋口 博也……8
新技術解説
バレイショのそうか病対策のための土壌酸性簡易診断手法 久保寺 秀夫……16
アブラナ科野菜根こぶ病における省スペースで実施可能な生物検定法 板橋 建・大坂正明・瀬尾直美・大場淳司・千葉直樹……20
トピックス
トマトの新発生害虫 トマトウロコタマバエLasioptera yoichiensisの発生生態 齊藤美樹・橋本直樹……26
最近明らかになった薬用作物の糸状菌病 佐藤豊三・廣岡裕吏……31
樹木の葉を侵す白藻病の発生と研究の現状 周藤靖雄・大谷修司……37
植物防疫講座
病害編-25 Cladosporium属菌による病害の発生生態と防除―キュウリ黒星病を例に― 岩舘 康哉……45
虫害編-24 野菜のコガネムシ類の発生生態と防除 林川 修二……49
農薬編-23 細胞膜のステロール生合成阻害剤 宇賀神 勉・林 敬介……54
研究室紹介
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 野菜花き研究部門 病害虫・機能解析研究領域 虫害ユニット 豊島 真吾……62
地方独立行政法人 青森県産業技術センター りんご研究所 病虫部 木村 佳子……63
農林水産省プレスリリース(2019.12.10~2020.1.14) ……44
新しく登録された農薬(2019.12.1~12.31) ……36
登録が失効した農薬(2019.12.1~12.31) ……15,25
発生予察情報・特殊報(2019.11.29~12.31) ……53
up


バックナンバー

購読のご案内

単月号購読の場合 小誌は通常号の場合定価947円(消費税込み)です。最新号の発売は原則的に毎月1日ですが、祝日土曜日曜などの都合により変更になることがございます。小誌は書店には並びませんのでご購入下さる場合は、書店にご注文いただくか直接当協会出版担当にご注文下さい。
定期購読の場合
年間後払購読料 11,580円(税込・送料サービス)
年間前払割引購読料 11,00円(税込・送料サービス)
以上お問合せご注文は ・・・・・ 一般社団法人日本植物防疫協会 支援事業部出版担当
電話:03-5980-2183(午前9時から午後5時) FAX:03-5980-6753
●FAX用紙はこちら ●お申し込みフォームはこちら
up