月刊植物防疫

次号予告

【目 次】
次号30年10号に予定されている掲載記事は次のとおりです。
リンゴ園におけるカブリダニ類の保護利用によるナミハダニの防除 舟山 健
小型無人航空機(ドローン)の空撮によるチャ炭疽病の被害推定 小澤朗人
イネ縞葉枯病抵抗性品種‘彩のかがやき’,‘彩のきずな’の縞葉枯病防除効果およびヒメトビウンカの発生消長とRSV保毒虫率 酒井和彦
土着天敵に影響のない殺虫剤の選択によるミカンハダニの密度管理 増井伸一
日本の南西諸島で誘殺されたミカンコミバエ種群の推定飛来源 大塚 彰
UV-B照射によるパセリーうどんこ病の防除効果 西村文宏
アルファルファタコゾウムシの導入天敵ヨーロッパトビチビアメバチの我が国における分布(2017) 高木正見
鹿児島県本土に侵入したアシビロヘリカメムシの発生状況 松比良邦彦
植物防疫講座
病害編 イネ墨黒穂病 石川浩司
虫害編 イネ ハモグリバエ類 新山徳光
農薬編 ミトコンドリア電子伝達系複合体Ⅰ阻害剤 稲田 誠
新剤の紹介
ピラジフルミド
研究室紹介
農研機構 中央農業研究センター 虫・鳥獣害研究領域 線虫害G
大阪府立環境農林水産総合研究所 食と農の研究部防除G
up
<

最新号 第72巻第9号 平成30年9月号

巻頭言
生物農薬の利用促進に薬剤情報バンクの活用を 髙橋 賢司……1
研究報告
和歌山県における春どりキャベツの菌核病の防除適期 菱池 政志……2
沖縄県におけるナスミバエBactrocera latifrons (Diptera:Tephritidae)の被害回避のためのいくつかの知見 谷口昌弘・佐渡山安常・河野伸二……6
デイゴヒメコバチの天敵デイゴカタビロコバチの導入に至る経緯と寄主の生活史から見た最適な放飼時期 安田 慶次……11
ネギアザミウマの異なる生殖系統における合成ピレスロイド剤抵抗性機構と広域的分布 相澤美里・園田昌司……18
調査報告
宮城県における斑点米カメムシ類の県全域調査 大江 高穂……24
台湾および中国大陸におけるミカンコミバエ種群の発生の現状 松村正哉・大塚 彰・黃 毓斌……29
中国における水稲害虫防除の実態 Hoss XU・Rong SONG・杉井信次……36
新技術解説
甘露排泄を利用したアブラムシ類の簡易薬剤感受性検定法 溝部 信二……40
トピックス
トルコギキョウ斑点病の発生生態と防除対策 成山 秀樹……46
植物防疫講座
病害編 イネごま葉枯病の発生生態と防除 角田 佳則……50
虫害編 コバネイナゴの発生生態と防除 城所 隆……56
農薬編 ミトコンドリア電子伝達系複合体Ⅱ阻害剤 笹間 康弘……65
研究室紹介
農研機構 中央農業研究センター 病害研究領域 生態的防除G 吉田 重信……69
静岡県農林技術研究所 茶業研究センター 茶環境適応技術科 内山 徹……70
農林水産省プレスリリース(30.7.14~8.15) ……5
新しく登録された農薬(30.7.1~7.31) ……49
登録が失効した農薬(30.7.1~7.31) ……64
発生予察情報・特殊報(30.7.1~7.31) ……55
up


バックナンバー

購読のご案内

単月号購読の場合 小誌は通常号の場合定価947円(消費税込み)です。最新号の発売は原則的に毎月1日ですが、祝日土曜日曜などの都合により変更になることがございます。小誌は書店には並びませんのでご購入下さる場合は、書店にご注文いただくか直接当協会出版担当にご注文下さい。
定期購読の場合
年間後払購読料 11,364円(税込・送料サービス)
年間前払割引購読料 10,800円(税込・送料サービス)
以上お問合せご注文は ・・・・・ 一般社団法人日本植物防疫協会 支援事業部出版担当
電話:03-5980-2183(午前9時から午後5時) FAX:03-5980-6753
●FAX用紙はこちら ●お申し込みフォームはこちら
up