平成16年
12月号
11月号
10月号
9月号
8月号
7月号
6月号
5月号
4月号
3月号
2月号
1月号
月刊誌「植物防疫」

第58巻12号 平成16年12月号


イネいもち病のDNAマーカーを用いた伝染源の解明 笹原剛志……1
青森県におけるリンゴ病害虫防除回数削減の取り組み 雪田金助……5
イチゴセンチュウによるワサビ頭とび病(仮称) 鳥居雄一郎・荒城雅昭・石井ちか子……10
生理活性ペプチド解析―昆虫サイトカイン研究の現状― 早川洋一……13
天敵類に対する生態毒性的研究の最近の動向 小堀陽一……19
キウイフルーツに発生する枝枯れ症状の原因 衣川 勝……23
ウメのタマカタカイガラムシの生態 牛山欽司……29
リレー随筆
海外検疫の現場から(7)タイ産マンゴーおよびマンゴスチン 川上清彦……32
植物防疫基礎講座
ハダニの天敵昆虫ケシハネカクシ類の飼育法 下田武志……35
ハダニ類の見分け方(5)ナミハダニ亜科のハダニ(3) 江原昭三・後藤哲雄……39
新防除剤の使い方
シモキサニル・TPN水和剤の特性―特にキュウリうどんこ病に対する二成分の相乗作用― 伯野史明・白石 慎……44
書評 坂井道彦……43
新しく登録された農薬(16.10.1~10.31) ……9,18,22,28
登録が失効した農薬(16.10.1~10.31) ……31,34
協会だより,業界だより等 ……48
第58巻総目次(月別,項目別) ……i~vi
up

第58巻11号 平成16年11月号

特集号:微生物利用による病害虫防除研究の現状と展望
昆虫病原微生物利用による害虫防除の現状と展望 国見裕久……1
天敵ウイルス利用研究の現状と展望 佐藤 威……5
BT製剤利用研究の現状と展望 丸山 威……10
昆虫病原性糸状菌利用研究の現状と展望 島津光明……16
昆虫病原性線虫利用研究の現状と展望 山中 聡……20
微生物農薬 ボーベリア・ブロンニアティ剤の実用化と今後の課題 橋元祥一……25
果樹における昆虫病原線虫製剤の利用実例と今後の課題 荒川昭弘・岡崎一博……29
Trichoderma属菌によるイネ種子伝染性病害の防除 熊倉和夫……33
Verticillium biguttatumによるテンサイ苗立枯病および根腐病の生物的防除 佐山 充……37
Penicillium属菌によるマンゴー炭疽病の生物防除 澤岻哲也・諸見里善一……41
弱病原力フザリウム菌を用いたシンビジウム黄斑病の生物防除 市川和規……45
新しく登録された農薬(16.9.1~9.30) ……9,49,50
登録が失効した農薬(16.9.1~9.30) ……50
新農薬紹介 ……51
人事異動等 ……52
up

第58巻10号 平成16年10月号

コカクモンハマキ属(Adoxophyes)3種の幼虫および蛹期における識別法 坂巻祥孝・早川達也……1
イネ内穎褐変病の生態 長谷川優……5
カメムシ類における共生細菌の多様性 菊池義智……10
ネギさび病抵抗性育種 若生忠幸……15
植物防疫基礎講座
ハダニ類の見分け方(4)ナミハダニ亜科のハダニ(2) 江原昭三・後藤哲雄……19
WEB版BLASTLの作成 根本文宏……23
トピックス
屋久島におけるゾウムシ2種の緊急防除と根絶 鹿児島県農政部食の安全推進課・農林水産省門司植物防疫所……28
リレー随筆
海外検疫の現場から(6)中国産いねわら 久保博之……30
新規製剤クロルピクリンくん蒸剤の特徴と使い方 渡部哲夫……33
談話室
果樹の2種ハモグリガ 氏家 武……37
新しく登録された農薬(16.8.1~8.31)
登録が失効した農薬(16.8.1~8.31)
……27,32,39
新農薬紹介(ピリダリル水和剤) ……43
協会だより,業界だより ……44
up

第58巻9号 平成16年9月号

up

第58巻8号 平成16年8月号

我が国におけるカンキツトリステザウイルスに関する研究の現状と問題 家城洋之……1
ブロッコリーべと病の発生と防除 佐古 勇……5
カルシウム吸収によるトマト青枯病抵抗性の向上 山崎浩道……10
バラ根頭がんしゅ病抵抗性 福井博一……15
コガネムシ類の行動制御因子:臭覚刺激と視覚刺激 安居拓恵・深谷 緑・若村定男・新垣則雄……21
リレー随筆
海外検疫の現場から(4)オランダ産切り花,果菜類 伊藤正明……27
新規微生物殺菌剤:バチルス ズブチリス剤新菌株の特性との使い方 山中 聡……30
植物防疫基礎講座
土壌モデルを利用した線虫行動解析装置 乙部和紀……34
ハダニ類の見分け方(2)ビラハダニ亜科のハダニ 江原昭三・後藤哲雄……39
談話室
幼苗検定の思い出 大畑貫一……42
新しく登録された農薬(16.6.1~6.30) ……26
登録が失効した農薬(16.6.1~6.30) ……45
協会だより(シンポジウム案内) ……29
書評 ……41
人事異動等 ……46
up

第58巻7号 平成16年7月号

キャベツバーティシリウム萎凋病抵抗性育種の現状 剣持伊佐男……1
ナモグリバエ多発生の原因 西東 力……5
ウメ枝枯病の発生と防除対策 島津 康……10
カメムシ類のフェロモン―集合をめぐって― 安田哲也……14
リレー随筆
海外検疫の現場から(3)オランダ産花き球根 宮井 尚彦……19
新規殺ダニ剤スピロジクロフェンフロアブルの特性と使い方 曽根信三郎……22
植物防疫基礎講座
日本産Frankliniella属(アザミウマ目,アザミウマ科)5種の識別 桝本雅美・岡島秀治……26
ハダニ類の見分け方(1)ハダニ科の概説と和名改訂 江原昭三・後藤哲雄……30
トピックス
学会大会印象記 松山宣明・高木一夫……35
新しく登録された農薬(16.5.1~5.31) ……36
登録が失効した農薬(16.5.1~5.31) ……37
中央だより,学界だより ……38
協会だより ……40
up

第58巻6号 平成16年6月号

特集号:農薬の安全確保対策
登録制度による農薬の安全確保 谷 順一……1
生態系保全を考慮した登録保留基準の見直し 神谷洋一……6
新たな農薬のリスク評価体制と運用 寺門範雄……10
農薬の使用規制等による安全確保 西岡暢彦……15
食品衛生法による残留農薬に関する安全確保 渥美 彩・松本留美……19
モニタリング調査における残留農薬分析の現状と今後の課題 柿本芳久……26
農薬散布時のドリフト防止対策 藤田俊一……29
農薬のトレーサビリティの導入と問題点 宗 和弘……33
都道府県での農薬安全使用対策 中村 幸二……38
マイナー作物の適用農薬を巡る最新事情 梅村武司……42
新しく登録された農薬(16.4.1~4.30) ……5,18
登録が失効した農薬(16.4.1~4.30) ……32,46
書評 ……28
中央だより ……47
up

第58巻5号 平成16年5月号

ムギ類赤かび病菌の分類 青木孝之……1
ムギ類赤かび病菌Fusarium graminearumのゲノム解析の現状 須賀晴久……7
カメムシ防除剤の現状と効果的な使用方法 小林政信……11
ミカンヒメコナカイガラムシの性フェロモンとその利用法 新井朋徳……16
近年日本で発見されたハダニ類とその発生分布 高藤晃雄・大森和典……20
最近、沖縄に侵入したランツボミタマバエとマンゴーハフクレタマバエ 湯川淳一・上地奈美・徳田 誠・河村 太……24
リレー随筆
海外検疫の現場から(2)フィリピンのマンゴーとパパイヤ 甲斐康弘……28
新天敵農薬:スリップスの捕食天敵―スリパンスについて― 和田哲夫……31
新天敵農薬:アリガタシマアザウマ剤の使い方 清水 徹・金城あかね・大石 毅・安田慶次・光畑雅宏……33
植物防疫基礎講座
土壌病害の見分け方(12)軟腐病菌による病害 富樫二郎……38
トピックス
「植物防疫法」の改正について 坂本清彦……42
新農薬紹介(ブトルアリン剤:植調剤,ギ酸カルシウム剤:植調剤) ……45
新しく登録された農薬(16.3.1~3.31) ……46
登録が失効した農薬(16.3.1~3.31) ……47
中央だより ……48
事務所移転・組織変更等 ……44
人事消息 ……10,15,19,27
書評 ……6
up

第58巻4号 平成16年4月号

平成16年度植物防疫事業・農薬安全対策の進め方について 農林水産省消費・安全局植物防疫課・農産安全管理課農薬対策室……1
平成16年度の植物防疫研究課題の概要 堀尾 剛……5
特集:ムギ類赤かび病とそれによるマイコトキシン汚染の防除
バイオテクノロジーとムギ類赤かび病の制御 木村 真・安藤直子・井川智子・東海武史・山口 勇……9
赤かび病菌が産生するマイコトキシンの種類とそれによるムギ粒汚染 田中健治……14
ムギ類赤かび病とマイコトキシン汚染の薬剤防除 中島 隆……19
北海道における春まきコムギのデオキシニバレノール汚染低減に向けた当面の対策 相馬 潤……24
抵抗性品種によるムギ類赤かび病防除 坂 智広……28
胞子飛散と気象によるムギ類赤かび病の発生予察 村上要三……31
リレー随筆
海外検疫の現場から(1)米国産のサクランボ 小橋川嘉一……36
新天敵農薬:ミヤコカブリダニ剤の使い方 斎木陽子……39
新農薬紹介(展着剤,除草剤:ドレクスレラモノセラス剤) ……23,43
新しく登録された農薬(16.2.1~2.29) ……4,8
登録が失効した農薬(16.2.1~2.29) ……8,18
団体だより ……44
人事消息 ……44
書評 ……13
up

第58巻3号 平成16年3月号

ダイズ紫斑病菌のチオファネートメチル剤耐性とその防除対策 向畠博行……1
果菜類灰色かび病防除のためのBacillus subtilis剤の新しい処理方法 田口義広……6
植物病原性Verticillium属菌におけるDNA解析の現状と同定・診断技術への応用 宇佐見俊行……11
産地、今(21)神奈川県の三浦ダイコンの産地 小林正伸……15
新規殺菌剤シフルフェナミド・トリフルミゾール水和剤の作用特性と使い方 横田 因……18
植物防疫基礎講座
Quintozene試薬を添加した駒田培地の調製法 駒田 旦・駒場雅彦・草野新太郎・青野昌彦……21
土壌病害の見分け方(11)ピシウム菌による病害 東條元昭……24
トピックス
第14回国際ブドウウイルス病研究集会(14th ICVG)報告 中畝良二……31
第5回「環太平洋バチラス・チューリンゲンシスのバイオテクノロジー会議」に参加して 堀 秀隆……33
平成15年度新農薬実用化試験で注目された病害虫防除薬剤 新井真澄・門田健吾……35
新しく登録された農薬(16.1.1~1.31) ……48
登録が失効した農薬(16.1.1~1.31) ……51
中央だより ……34
学界だより ……52
会社合併など ……34
訂正とお詫び ……34
up

第58巻2号 平成16年2月号

特集:病原力低下因子利用による果樹類紋羽病の遺伝子治療
巻頭言 松本直幸……1
病原力低下因子の探索と評価 中村 仁・池田健一……4
病原力低下因子導入技術の開発および導入菌株の作出 佐々木厚子……8
病原力低下因子の分子学的解析 大崎秀樹……13
ユニバーサルイノキュラムの開発 会見忠則・森永 力……17
特集:平成15年冷夏におけるいもち病の発生
平成15年のいもち病の多発生とその要因 小泉信三……21
平成15年のいもち病の発生状況と防除 ―宮城県,福島県,福井県,岐阜県,鳥取県― 門間陽一・大沢守一・福田明美・杖田浩二・田口義広・坂本勝豊……25
リレー随筆
産地、今(20)山梨県のモモ産地 功刀幸博……37
植物防疫基礎講座
アブラムシ類の見分け方(16)主要アブラムシの有翅虫による見分け方(3) 杉本俊一郎……40
談話室
虫の病気に魅せられて 岡田斉夫……44
新農薬紹介(グリホサートカリウム塩剤) ……47
新しく登録された農薬(15.12.1~12.31) ……48
登録が失効した農薬(15.12.1~12.31) ……20,46
学界だより ……50
人事消息 ……50
up

第58巻1号 平成16年1月号

新年を迎えて 福田豊治……1
新年を迎えて 宮井俊一……2
平成15年病害虫の発生と防除 農林水産省消費・安全局植物防疫課……3
日本におけるアシグロハモグリバエ(Liriomyza huidobrensis Blanchard)の新発生 岩崎暁生・岩泉 連・高野俊一郎……13
MBI―D剤耐性イネいもち病菌の発生経過と防除対策 荒井治喜……20
イネいもち病菌におけるMBI―D耐性の機構と遺伝子診断法 高垣真喜一・椙原 穂・木村教男……24
キジラミ類の分類と生態(2)―生態および害虫種― 井上広光……29
新規いもち病防除剤チアジニルの作用特性 富田啓文……33
植物防疫基礎講座
アブラムシ類の見分け方(15)主要アブラムシの有翅虫による見分け方(2) 杉本俊一郎……38
新しく登録された農薬(15.11.1~11.30) ……43
登録が失効した農薬(15.11.1~11.30) ……45
中央だより ……46
人事消息 ……46
up



copyright © japan plant protection association all.rights reserved.