平成17年
12月号
11月号
10月号
9月号
8月号
7月号
6月号
5月号
4月号
3月号
2月号
1月号
月刊誌「植物防疫」

第59巻12号 平成17年12月号


リンゴ園における導入カブリダニ類放飼の経過と土着カブリダニ相 望月雅俊……1
複合交信かく乱剤を利用した減農薬リンゴ園における害虫発生と被害の動向 豊島真吾……5
リンゴ黒点病の病原菌Mycosphaerella pomiによる果樹病害 荒井茂充……9
樹冠流下雨水中の病原細菌量によるカンキツかいよう病防除薬剤の評価 三好孝典……13
千葉県で分離された乳化病菌について 横山とも子……17
ICTV 8次報告書における植物ウイルスの分類 大木 理……21
植物防疫基礎講座
植物病原菌の分子系統樹―そのシステムと見方―(8)Uromyces菌 鐘 文鑫・月星隆雄……25
カブリダニ科の見分け方(7)カタカブリダニ亜科(1) 江原昭三……28
リレー随筆
農薬研究の現場から―農薬研究施設紹介―(8)日産化学工業株式会社 三宅敏郎……33
新農薬紹介(フェンアミドン水和剤,2,4―PAイソプロピルアミン塩液剤) ……36
新しく登録された農薬(17.10.1~10.31) ……4,16
登録が失効した農薬(17.10.1~10.31) ……20,35,40
第59巻総目次(月別,項目別) ……i~vi
up

第59巻11号 平成17年11月号

特集号:IPM―技術開発と普及の課題
巻頭言 宮井俊一……1
果樹でのIPM推進を目指した複合交信かく乱剤の利用 荒川昭弘……3
施設ピーマンのIPM 山下 泉・下八川裕司……7
性フェロモン剤を核とする露地葉菜類のIPM 豊嶋悟郎……12
土着天敵と耕種的防除を活用したチャのIPM 磯部宏治……16
線虫と土壌病害の防除 水久保隆之・竹原利明……21
西日本におけるダイズのIPMへの課題 和田 節……26
東北における水稲のIPM 城所 隆……31
施設園芸における生物農薬の利用と普及の課題 島 克弥……38
カンキツのIPM―近年の進歩と今後の課題- 土屋雅利……42
トピックス
アメリカ合衆国産りんご生果実に係る火傷病検疫措置の改正について 大村克己……46
新しく登録された農薬(17.9.1~9.31) ……11
登録が失効した農薬(17.9.1~9.31) ……30
人事異動・学界だより ……50
up

第59巻10号 平成17年10月号

葉面菌によるイネいもち病の防除 河又 仁……1
赤色系フザリウム菌による各種病害および簡易な実験方法 外側正之……5
セジロウンカによって誘導されるイネの病害抵抗性機構 佐藤 雅・菅野紘男……9
ナガチャコガネの性フェロモン剤による発生予察 安藤幸夫・本郷智明・猪野正明……14
土壌生態系を評価するための線虫群集指数 岡田浩明……17
植物防疫基礎講座
カブリダニ科の見分け方(6)ホンカブリダニ亜科 江原昭三……21
植物病原菌の分子系統樹―そのシステムと見方―(7)Neotyphodium菌 菅原幸哉……26
新規殺虫剤エチプロール粉剤・フロアブルの特性と使い方 大西利明……30
談話室
アイルランドの大飢饉,1845~1848―ひろい読み― 但見明俊……34
リレー随筆
農薬研究の現場から―農薬研究施設紹介―(7)日本曹達株式会社 阿達弘之……39
新しく登録された農薬(17.8.1~8.31) ……4,38
登録が失効した農薬(17.8.1~8.31) ……13
新農薬紹介(シュードモナスフルオレッセンス水和剤) ……42
書評 ……41
協会だより・業界だより ……44
up

第59巻9号 平成17年9月号

ナスすすかび病の発生生態と防除 山口純一郎……1
Wolbachiaを利用した害虫防除技術の現状 田上陽介……5
レタス根腐病菌のレース分化の実態解明とその防除への応用 藤永真史・小木曽秀紀……10
植物防疫基礎講座
植物病原菌の分子系統樹―そのシステムと見方―(6)Rhizoctonia菌 国永史朗……15
カブリダニ科の見分け方(5)ムチカブリダニ亜科(4) 江原昭三……21
カブリダニ類の簡易で効率的な飼育法 岸本英成……26
トピックス
細菌迅速同定支援システム「microForce―ID」 篠原弘亮・對馬誠也……30
リレー随筆
農薬研究の現場から―農薬研究施設紹介―(6)明治製菓株式会社 三冨正明……33
新農薬紹介 ……14
新しく登録された農薬(17.7.1~7.31) ……4
登録が失効した農薬(17.7.1~7.31) ……9,20
学界だより ……35
人事異動・団体だより ……36
up

第59巻8号 平成17年8月号

野菜類ウイルス病ワクチンの現状と今後の展開方向 小坂能尚……1
給餌による寄生蜂のパフォーマンス向上 光永貴之……5
天敵利用におけるDNAマーカーの活用と将来展望 日本典秀……9
ネギ小菌核腐敗病の多発要因と防除 竹内妙子……13
アシタバに発生する病害 竹内 純・堀江博道・橋本良子……16
植物防疫基礎講座
植物病原菌の分子系統樹―そのシステムと見方―(5)Fusarium菌 須賀晴久……19
カブリダニ科の見分け方(4)ムチカブリダニ亜科(3) 江原昭三……25
トピックス
「第16回国際カンキツウイルス学者研究集会」報告 伊藤隆男……30
リレー随筆
農薬研究の現場から―農薬研究施設紹介―(5)三共アグロ株式会社 横井進二……32
新しく登録された農薬(17.6.1~6.30) ……4,12
登録が失効した農薬(17.6.1~6.30) ……29,34
up

第59巻7号 平成17年7月号


トマト黄化葉巻病と媒介コナジラミをめぐる最近の研究情勢 本多健一郎……1
作物受粉における在来種マルハナバチの利用の可能性と課題 光畑雅宏・和田哲夫……7
リンゴの苗木に発生した根頭がんしゅ病 須崎浩一……12
植物検疫の病害分野における遺伝子診断技法の利用 小原達二……18
土壌抽出DNAの植物病理学分野における利用 星野(高田)裕子……22
植物防疫基礎講座
カブリダニ科の見分け方(3)ムチカブリダニ亜科(2) 江原昭三……26
植物病原菌の分子系統樹―そのシステムと見方―(4)Cochliobolus菌 月星隆雄……31
トピックス
学会大会印象記 高木一夫・牧野孝宏……34
リレー随筆
農薬研究の現場から―農薬研究施設紹介―(4)北興化学工業株式会社 米村伸二……36
新しく登録された農薬(17.5.1~5.31) ……25
登録が失効した農薬(17.5.1~5.31) ……35
協会だより ……38
up

第59巻6号 平成17年6月号

up

第59巻5号 平成17年5月号

平成17年度の植物防疫研究課題の概要 堀尾 剛……1
特集:ジャガイモそうか病対策に向けた新たな研究
総説:「馬鈴しょそうか病に関する国際シンポジウム(IPSS 2004)」から 内藤繁男……5
ジャガイモそうか病菌の分離同定および定量 田中文夫……9
日本におけるそうか病抵抗性品種の育成 小林 晃……14
土壌環境制御によるそうか病防除対策 志賀弘行・鈴木慶次郎……19
ジャガイモそうか病の発生程度に応じた総合防除 田中民夫……22
潜葉虫を攻撃する寄生蜂の寄主探索行動 上野高敏……26
イネ病害虫複合抵抗性品種の育成とその普及 藤井 潔・早野由里子・荒川 誠……30
クサギカメムシに対するリンゴ果実の餌としての有効性 舟山 健……35
植物防疫基礎講座
カブリダニ科の見分け方(2)ムチカブリダニ亜科(1) 江原昭三……39
植物病原菌の分子系統樹―そのシステムと見方―(3)炭疽病菌 森脇丈治……44
リレー随筆
農薬研究の現場から―農薬研究施設紹介―(2)日本農薬株式会社 梶原 治……48
トピックス
「水産動植物の毒性に係る登録保留基準」の施行に対応した農薬登録申請に係る試験ガイドラインの改正について 小峯喜美夫……50
新しく登録された農薬(17.3.1~3.31) ……18
登録が失効した農薬(17.3.1~3.31) ……21,43
人事異動等 ……52
up

第59巻4号 平成17年4月号

平成17年度植物防疫事業・農薬安全対策の進め方について 農林水産省消費・安全局植物防疫課・農産安全管理課農薬対策室……1
RT―LAMP法によるシンビジウムモザイクウイルス(CyMV)の検出 福田至朗……5
水田におけるイネ菌核病菌類の移動と年次変動 稲垣公治・荒川征夫……9
温室ブドウにおける2種カブリダニの定着性とカンザワハダニに対する放飼効果 近藤 章……13
高温処理によるキク白さび病の防除 杉村輝彦・岡山健夫……17
アルゼンチンアリの生態と対策 田付貞洋・寺山 守……21
植物防疫基礎講座
カブリダニ科の見分け方(1)カブリダニ科の概説と日本産の種のリスト 江原昭三……25
トラップを利用したホウレンソウケナガコナダニのモニタリング 春日志高……31
植物病原菌の分子系統樹-そのシステムと見方-(2)Pythium菌 景山幸二……34
リレー随筆
農薬研究の現場から-農薬研究施設紹介-(1)日本化薬株式会社 桝井昭夫……38
新農薬の使い方
新規殺虫剤ピリダリル水和剤の特性と使い方 土屋 亨……40
新しく登録された農薬(17.2.1~2.28) ……20
登録が失効した農薬(17.2.1~2.28) ……20,30
団体だより ……44
up

第59巻3号 平成17年3月号

イネいもち病菌の分類とその現状 土佐幸雄……1
忌避資材によるチャコウラナメクジの侵入防止 田中 寛・柴尾 学・久保田豊……5
ナシにおけるEBCの概念に基づいた減農薬の実践 井手洋一・田代暢哉……9
BT剤のハスモンヨトウ防除効果に及ぼす寄主植物の影響 浅野昌司……16
植物防疫基礎講座
植物病原菌の分子系統樹―そのシステムと見方―(1)分子系統学の基礎 高松 進……20
ハダニ類の見分け方(8)ヒメハダニ科およびケナガハダニ科 江原昭三……26
トピックス
種子伝染性病害をめぐる最近の国際動向Ⅳ 塩見 寛・五十嵐充……32
平成16年度新農薬実用化試験で注目された病害虫防除薬剤 新井真澄・門田健吾……35
新しく登録された農薬(17.1.1~1.31) ……19
登録が失効した農薬(17.1.1~1.31) ……54
新農薬紹介(ボスカリド水和剤,エチプロール粉剤,エチプロール水和剤) ……52
学界だより ……56
書評 ……15,34
up

第59巻2号 平成17年2月号

微生物情報伝達制御による病害防除の可能性 篠原 信……1
スクミリンゴガイの特異な性比変動 遊佐陽一……6
弱毒ウイルスによるわい性リンドウのウイルス病防除 宇賀博之……10
スイカ急性萎凋症に対するアンケート調査の分析と防除対策 宍戸雅宏・竹内妙子……13
新しい病害虫管理の概念:EBCによる防除体系の構築 田代暢哉……17
アメリカシロヒトリに対するアセフェートカプセル剤の効果 山下賢一……22
Olpidium属菌の実験取り扱い方法 守川俊幸……26
植物防疫基礎講座
ハダニ類の見分け方(7)ナミハダニ亜科のハダニ(5) 江原昭三・後藤哲雄……30
リレー随筆
海外検疫の現場から(9)オーストラリア連邦産カンキツ 田中健司……35
トピックス
農薬登録情報検索システムの紹介 独立行政法人 農薬検査所……38
新しく登録された農薬(16.12.1~12.31) ……9,25,41
登録が失効した農薬(16.12.1~12.31) ……41
中央だより ……43
事務所移転等 ……44
up

第59巻1号 平成17年1月号

新年を迎えて 奥富一夫……1
新年を迎えて 高橋賢司……2
平成16年度の病害虫発生と防除 農林水産省消費・安全局植物防疫課……3
野菜おけるイラクサギンウワバの多発生 八瀬順也……14
害虫抵抗性遺伝子組換え作物の環境影響に関する最近の研究動向 白井洋一……19
日本に発生するトバモウイルスの再分類の経緯 大木 理……25
新しくなったJPP―NET農薬登録情報データベース 植野節子……29
植物防疫基礎講座
ハダニ類の見分け方(6)ナミハダニ亜科のハダニ(4) 江原昭三・後藤哲雄……36
リレー随筆
海外検疫の現場から(8)ハワイ産パパイヤ 志岐康子……41
新規殺虫剤ノバルロン乳剤の特性と使い方 武内克義……44
談話室
化学屋の応用昆虫学(?)研究 風野 光……47
新しく登録された農薬(16.11.1~11.30) ……24,28,49
登録が失効した農薬(16.11.1~11.30) ……50
新農薬紹介(ヨウ化メチル) ……51
書評 ……18
up



copyright © japan plant protection association all.rights reserved.