平成21年
12月号
11月号
10月号
9月号
8月号
7月号
6月号
5月号
4月号
3月号
2月号
1月号
月刊誌「植物防疫」

第63巻第12号 平成21年12月号



特集:次世代農薬への挑戦―抵抗性機構の解明と環境調和型殺虫剤の開発―
カイコゲノム研究の現状とその利用 山本公子・三田和英……1
アジア地域イネウンカ類の殺虫剤抵抗性の現状と今後の課題 松村 正哉……11
昆虫リアノジン受容体をターゲットとする新たな殺虫剤の開発 正木 隆男……15
神経作用性制御剤のターゲット:ゲノム情報,多様化および調節 松田 一彦……19
RNAiを利用した非モデル昆虫での新規害虫制御ターゲットの探索 三浦 健・横井 翔・亀崎将司・田中利治……22
キク品種の白さび病抵抗性と白さび病菌レース 岩井孝尚・中村茂雄・板橋 建・佐々木 厚……26
昆虫の研究における細胞内共生微生物感染の問題点 三浦一芸・渡部真也……31
植物防疫基礎講座
罹病植物標本の作製・維持管理・利活用方法 山岡 裕一……36
うどんこ病菌の新分類体系に基づく新旧学名対照と形態的特徴 佐藤幸生・堀江博道……41
フェロモンによる発生予察(総説) 田端  純……47
フェロモン等合成化学物質による発生予察法 本郷 智明……50
リレー随筆
大学研究室紹介―キャンパスだより―(39)東京農業大学 植物病理学研究室 根岸 寛光……58
農林水産省プレスリリース(21.10.16~11.15) ……49
新しく登録された農薬(21.10.1~10.31) ……21,30,46
登録が失効した農薬(21.10.1~10.31) ……10
発生予察情報・特殊報(21.10.1~10.31) ……25
第63巻総目次(月別・項目別) ……i~vii
up

第63巻第11号 平成21年11月号

タイリクヒメハナカメムシの分散と発育に及ぼす近紫外線除去フィルム被覆の影響 山下  泉……1
奈良県におけるホウレンソウケナガコナダニ防除の取り組みと複数個体群における各種薬剤の殺ダニ活性 松村美小夜・神川 諭・安川人央……6
水稲種子の鉄コーティングによる種子伝染性病害防除効果 井上 博喜……11
天然植物免疫誘導物質の利用による植物病害防除について 花田  薫……14
食酢を用いたイネ育苗期病害の防除 関原順子・守川俊幸……18
ホソヘリカメムシ雄成虫のフェロモン―わかったこと,まだわからないこと― 水谷信夫・安田哲也……23
気門閉鎖型薬剤のカブリダニ類に対する影響と圃場における併用の実際 宮田 將秀……27
天敵線虫スタイナーネマ・カーポカプサエ剤(バイオセーフ)の枝幹害虫に対する利用方法 田辺 博司……34
岡山県で発生したRhizobium radiobacter(Ti)によるブドウ根頭がんしゅ病 川口  章……42
植物防疫基礎講座
病害診断依頼を受けてから,原因が糸状菌によるものと推定するまでのテクニック 竹内 純・堀江博道……47
新農薬の使い方
新規殺虫剤クロラントラニリプロール剤の作用特性と特長 島  克弥……51
リレー随筆
大学研究室紹介―キャンパスだより―(38)日本大学 植物病理学研究室 前田 孚憲……58
農林水産省プレスリリース ……10
新農薬紹介 ……61
新しく登録された農薬(21.9.1~9.30) ……5,22,41,50
登録が失効した農薬(21.9.1~9.30) ……13
発生予察情報・特殊報(21.9.1~9.30) ……26
up

第63巻第10号 平成21年10月号


モデル植物トマト:マイクロトムを用いた病害研究の現状と今後の展開 高橋英樹・長谷 修・竹中重仁……1
東京都におけるOidium属Reticuloidium亜属菌によるキュウリうどんこ病の発生実態と品種の感受性 星 秀男・佐藤幸生・堀江博道……4
疫学モデルを用いた病害の動態解析と防除対策 鈴木 清樹……10
異種微生物間の相互作用およびその生物防除への活用の可能性 吉田 重信……15
ネギから分離されるFusarium属菌の病原性と遺伝的分化 伊藤 真一……20
新たな展開を見せるTYLCVの虫媒研究―媒介・非媒介虫との比較から見えてきた媒介を阻止する障壁の存在― 大西  純……26
カブリダニ類の定着促進技術の生態学的背景―生物的防除の新しい方向性を目指して― 矢野修一・小澤真由子・刑部正博・川崎倫久……31
払い落とし法と押しつぶし法を組み合わせたハダニ密度推定法 豊島真吾・高梨祐明……37
農業環境政策における生物多様性と植物保護 平井 一男……42
火傷病菌及び類縁病原細菌の系統解析と検出方法 松浦 貴之……47
植物防疫基礎講座
アブラナ科野菜根こぶ病の分類・同定と保存法 浅野 貴博……57
談話室
難防除害虫研究の思い出(23)果実吸蛾類の研究について 荻原 洋晶……61
リレー随筆
大学研究室紹介―キャンパスだより―(37)滋賀県立大学 植物病理学研究室 鈴木 一実……64
農林水産省プレスリリース ……41
新しく登録された農薬(21.8.1~8.31) ……14,19,25,30,36
登録が失効した農薬(21.8.1~8.31) ……46
発生予察情報・特殊報(21.8.1~8.31) ……67
up

第63巻第9号 平成21年9月号


特集:高品質・安定多収および環境調和をめざした飼料作物病害虫の研究動向
わが国における飼料生産の現状と将来展望 佐藤 節郎……1
飼料用イネ栽培で問題となる病害とその防除対策 荒井 治喜……6
飼料イネにおけるイチモンジセセリ(イネツトムシ)の発生と防除 西宮 智美……11
牧草・飼料作物で最近問題となっている病害とその対策 月星 隆雄……17
トウモロコシ赤かび病の最近の発生状況とサイレージのかび毒汚染 湊  啓子……21
フタテンチビヨコバイによる飼料トウモロコシの新規発生虫害:ワラビー萎縮症 松倉啓一郎・松村正哉……25
ライグラスうどんこ病および冠さび病抵抗性育種について 荒川 明・清多佳子……29
イタリアンライグラスいもち病の発生状況と対策 西見勝臣・角田佳則・水野和彦・藤原 健……33
エンドファイトの活用による病害虫抵抗性牧草の開発について 菅原幸哉・柴 卓也……38
plum pox virusの国内における発生 前島 健作ら……42
植物ダニと紫外線:ナミハダニはなぜ葉裏にいるのか? 刑部正博・大塚恵子……47
日本植物病名データベース 佐藤豊三・山崎福容・竹谷 勝……51
植物防疫基礎講座
べと病菌:分離・培養の基礎 佐藤  衛……56
うどんこ病菌の室内継代培養 星  秀男……59
談話室
難防除害虫研究の思い出(22)化学防除から総合防除・ IPMを経てIBMを目指す 桐谷 圭治……62
新農薬紹介 ……67
新しく登録された農薬(21.7.1~7.31) ……5,10,16,37,41
登録が失効した農薬(21.7.1~7.31) ……61
発生予察情報・特殊報(21.7.1~7.31) ……32
up

第63巻第8号 平成21年8月号


特集:ポストゲノム時代の害虫防除研究のあり方~昆虫ゲノム情報とIPM~
昆虫ゲノム研究の現状と農業害虫防除への展開 野田 博明……1
ゲノム研究と天敵利用 日本 典秀……5
バキュロウイルスの宿主制御メカニズムの解明 勝間  進……9
害虫によるウイルス媒介メカニズムの解明とゲノム研究 中島 信彦……13
細胞内共生微生物による害虫防除とゲノム研究 田上 陽介……17
遺伝子組換え技術を使った害虫防除 畠山 正統……22
アゾキシストロビン系薬剤耐性イチゴ炭疽病菌の発生状況と防除対策 平山 喜彦……26
ミカンキジラミ体内でのカンキツグリーニング病原細菌の増殖と媒介特性 井上 広光……31
鹿児島県喜界島における「カンキツグリーニング病菌緊急防除」への取り組み(2年目の経過) 篠原 和孝ら……35
大量サンプル(検体)に対応したエライザ法によるカンキツウイルスの効率的検定法 草野 成夫……40
ネギ葉枯病の発生生態と総合防除対策 三澤 知央……45
スイートピー株枯病(新称)の発生と防除対策 今村 幸久……50
植物防疫基礎講座
光学顕微鏡の扱い方 森川 千春……54
新農薬の使い方
新規殺菌剤マンジプロパミド(レーバス)フロアブルの特徴と使い方 林  敬介……57
談話室
難防除害虫研究の思い出(21)天敵ウイルスを用いたハマキムシ類の防除 佐藤  威……61
リレー随筆
大学研究室紹介―キャンパスだより―(36)名城大学 昆虫学研究室 山岸 健三……65
新しく登録された農薬(21.6.1~6.30) ……4,8,16
登録が失効した農薬(21.6.1~6.30) ……39
発生予察情報・特殊報(21.6.1~6.30) ……49
up

第63巻第7号 平成21年7月号

特集:総合的病害虫管理技術の取り組み
総合的病害虫・雑草管理(IPM)への取組 大岡 高行……1
長野県における水稲―育苗期―のIPMの取り組み 山下 亨・和田美佐・武田和男……5
中山間雨よけハウスでのコマツナ周年無農薬栽培における虫害軽減対策 長坂幸吉・安部順一朗・尾島一史・田中和夫……10
トルコギキョウに発生するウイルスに対応した対策マニュアル 藤永 真史ら……15
緑肥作物の利用および土壌還元消毒による土壌病害の防除とその課題 池田 健太郎ら……21
茨城県鹿島地域でのトウガラシマイルドモットウイルスによるピーマンモザイク病の特徴と防除対策 小川 孝之……26
ハウスビワの果実腐敗に対する耕種的防除の有効性 菅  康弘……31
メロン果実の灰色かび病 窪田 昌春……36
JPP―NETによるチャノキイロアザミウマ成虫のカンキツ園への飛来時期予測法とその活用 増井 伸一……39
チャノキイロアザミウマの分布拡大と最近の研究動向 土`田  聡……44
砂地畑におけるサツマイモ立枯病に対する薬剤あるいは資材による発生抑制と防除の現状 金磯 泰雄……47
談話室
難防除害虫研究の思い出(20)果樹カメムシ類用乾式トラップの開発と大量誘殺の夢 清水 喜一……52
リレー随筆
大学研究室紹介―キャンパスだより―(35)島根大学 植物病理学研究室 荒瀬  栄……55
新農薬紹介 ……58
新しく登録された農薬(21.5.1~5.31) ……9
登録が失効した農薬(21.5.1~5.31) ……30
発生予察情報・特殊報(21.5.1~5.31) ……58
up

第63巻第6号 平成21年6月号

ミニ特集:フェロモン研究最近の話題
フジコナカイガラムシの性フェロモン 手柴 真弓ら……1
カスミカメムシ類の性フェロモン 安田哲也・望月文昭……5
コスカシバの性フェロモン 中 秀司・堀江義照・有田 豊・望月文昭・安藤 哲……9
性フェロモンを利用したナシマダラメイガの発生予察用誘引剤 南島  誠……13
国内におけるトマト葉かび病菌レースの変遷 窪田 昌春……17
愛知県におけるマイナー作物農薬登録推進 松崎 聖史……21
日本におけるクロマダラソテツシジミの発生と分布拡大 平井 規央……25
シリアにおけるジャガイモの種イモ生産と病害虫の発生状況 藤家  梓……29
第7回国際菌類媒介植物ウイルスワーキンググループ会議レポート 玉田 哲男……34
植物防疫基礎講座
生物統計処理方法の注意点 光永 貴之……37
スワルスキーカブリダニの特長と使い方 山中  聡……41
新規殺ダニ剤シエノピラフェンフロアブルの作用性 春山 裕史……45
新規微生物殺虫剤ペキロマイセス テヌイペス乳剤の特長と上手な使い方 西川 章・齋藤俊雄・丸山 威……51
平成20年度植物防疫地区協議会議録 染谷 潔ら……57
談話室
難防除害虫研究の思い出(19)草地のコガネムシ 鳥倉 英徳……61
リレー随筆
大学研究室紹介―キャンパスだより―(34)香川大学 植物病理学研究室 秋光 和也……64
新しく登録された農薬(21.4.1~4.30) ……44
登録が失効した農薬(21.4.1~4.30) ……33
発生予察情報・特殊報(21.4.1~4.30) ……20
up

第63巻第5号 平成21年5月号


キュウリ黄化えそ病の発生動向と防除対策の展望 奥田 充・山崎修一・杉山充啓……1
カルシウム施用によるダイズ茎疫病の発病低減効果 杉本 琢真……6
ホウレンソウべと病菌のレースの動向 佐藤  衛……12
ヒメトビウンカとイネ縞葉枯病の近年の発生状況 松村正哉・大塚 彰……15
露地用天敵に利用できる飛翔能力の低いナミテントウ系統の作出 世古 智一……19
高圧炭酸ガスを用いたクリシギゾウムシ殺虫技術 宮ノ下明大・今村太郎……24
大分県で確認されたモモシンクイガとその発生状況 玉嶋 勝範……29
ナミハダニ(黄緑型)に対して感受性を示すカーネーション品種の存在 関  功介……34
刃を自動消毒するハサミの開発とトマトかいよう病の二次伝染防止 漆原 寿彦……37
農業生物資源ジーンバンク(昆虫分野)の紹介 小瀬川英一・今西重雄……42
植物防疫基礎講座
一般化線型モデルとモデル選択(統計解析の新しい流れ) 山村 光司……46
手製の柄付剃刀を用いた徒手切片法について 松本  工……52
談話室
難防除害虫研究の思い出(18)合成性フェロモンを用いた果樹害虫防除 佐藤 力郎……54
リレー随筆
大学研究室紹介―キャンパスだより―(33)山口大学 分子昆虫学研究室・昆虫学研究室 小林 淳・竹松葉子……57
新しく登録された農薬(21.3.1~3.31) ……18,23,28
登録が失効した農薬(21.3.1~3.31) ……33
発生予察情報・特殊報(21.3.1~3.31) ……36
人事異動 ……41,62
up

第63巻第4号 平成21年4月号


平成21年度植物防疫事業・農薬安全対策の進め方について 農林水産省 植物防疫課,農産安全管理課……1
平成21年度植物防疫研究課題の概要 農林水産省 農林水産技術会議事務局……5
ミニ特集:展着剤の活用の実態と今後の課題
果樹における展着剤の活用 田代 暢哉……8
チャ赤焼病防除における展着剤の活用 富濱  毅……14
野菜類の害虫防除におけるアジュバント加用の影響 井村 岳男……18
野菜の病害防除における展着剤活用 折原紀子・植草秀敏……24
日本および海外における展着剤の種類と活用事例 川島 和夫……29
食酢を用いたレタスビッグベイン病の防除効果 相野 公孝……33
スターチス萎凋細菌病の生態と防除対策 増田 吉彦ら……36
水稲の穂枯症状について―細菌性病害― 對馬 誠也……40
水稲の穂枯症状について―糸状菌― 本多 範行……44
オオトゲシラホシカメムシとトゲシラホシカメムシの分布変化に及ぼす温度の影響 藪  哲男……49
日本産オオメカメムシ類の生態とオオメカメムシの害虫防除資材としての活用 大井田 寛……54
NIASジーンバンク(微生物部門)の紹介 永井 利郎ら……58
セイヨウナシ新梢黒変細菌病(仮称)の発生と対応状況 農林水産省 植物防疫課……62
談話室
難防除害虫研究の思い出(17)ミカンキジラミ 芦原  亘……66
リレー随筆
大学研究室紹介―キャンパスだより―(32)山形大学 植物病理学研究室 生井恒雄・長谷 修……69
新農薬紹介 ……72
新しく登録された農薬(21.2.1~2.28) ……23,28,32,39,43,48,53
登録が失効した農薬(21.2.1~2.28) ……61,65
発生予察情報・特殊報(21.2.1~2.28) ……71
up

第63巻第3号 平成21年3月号

温水点滴処理によるナシ白紋羽病罹病樹の治療 江口 直樹ら……1
イネばか苗病の多発圃場が周辺圃場の保菌籾率に与える影響 畑中 教子……5
非病原性Agrobacteirum vitisによるブドウ根頭がんしゅ病の生物的防除 川口  章……9
レタス斑点病の発生生態と防除 奈尾 雅浩……14
メロン果実内腐敗病の発生とその特徴 木戸一孝・瀧川雄一……19
海外での害虫・病害抵抗性遺伝子組換え作物の商業栽培の情勢 白井 洋一……26
茶園におけるクワシロカイガラムシの土着天敵類の発生実態 小澤 朗人……32
茶園におけるスプリンクラー散水によるクワシロカイガラムシの防除 佐藤 邦彦……37
微生物インベントリー 對馬誠也・小板橋基夫……42
平成20年度新農薬実用化試験で注目された病害虫防除薬剤 林 直人・沼田京太……47
トピックス
日韓合同ダニ学会議報告 伊藤  桂……63
植物防疫基礎講座
分子系統学:最近の進歩と今後の展望 三中 信宏……66
談話室
難防除害虫研究の思い出(16)モモシンクイガのフェロモン防除 北村 泰三……71
リレー随筆
大学研究室紹介―キャンパスだより―(31)愛媛大学 植物病学研究室 山岡 直人……74
新しく登録された農薬(21.1.1~1.31) ……13,18,25,31
登録が失効した農薬(21.1.1~1.31) ……62
発生予察情報・特殊報(21.1.1~1.31) ……70
up

第63巻第2号 平成21年2月号

アブラナ科野菜根こぶ病における宿主植物ホルモン生合成系の役割とこれを利用した抵抗性育種の可能性 安藤杉尋・對馬誠也・田部井豊……1
米国農業研究局における有機農業研究の紹介 原田久富美・唐澤敏彦……5
ニガウリうどんこ病の薬剤防除対策 尾松直志・新屋敷生男……9
タマネギえそ条斑病がタマネギの生育および収量に及ぼす影響とその防除対策について 善 正二郎……14
施設アスパラガス病害虫の総合管理 小川恭弘・内川敬介・高田裕司……18
花蕾に発症するブロッコリーべと病の防除 峯岸直子・野田 聡……21
二条大麦の赤かび病防除適期について 吉田 めぐみ……26
バキュロウイルスの感染特性とそれを活用した害虫管理への利用 務川重之・後藤千枝……30
水稲におけるフタオビコヤガの発生と防除対策 衞藤 友紀……35
ジャガイモの種いも伝染性細菌病の特徴と簡易保菌検定法 堀田光生・田中文夫・不破秀明……38
ナシマルカイガラムシ歩行幼虫発生時期の予測 新井 朋徳……44
ナシ園におけるナシマルカイガラムシの発生消長と防除対策 齋藤俊一・内野 憲・上遠野冨士雄……48
植物防疫基礎講座
菌類学名の読み取り方 青木 孝之……52
談話室
難防除害虫研究の思い出(15)キク紋紋病の生態と防除について 中込 暉雄……59
リレー随筆
大学研究室紹介―キャンパスだより―(30)東洋大学 植物機能研究センター 藤村 真ら……62
新しく登録された農薬(20.12.1~12.31) ……17,43
登録が失効した農薬(20.12.1~12.31) ……51
発生予察情報・特殊報(20.12.1~12.31) ……61
up

第63巻第1号 平成21年1月号

新年を迎えて 福盛田 共義……1
新年を迎えて 吉田 幸二……2
平成20年病害虫の発生と防除 農林水産省 消費・安全局 植物防疫課,農産安全管理課……3
ゴマダラカミキリにおける化学交信 安居拓恵・若村定男……12
温州萎縮ウイルス(SDV)汚染ほ場における土壌消毒の効果と台木の耐病性 影山 智津子……18
カブモザイクウイルスの分子進化と生態―ゲノム情報からの追跡― 大島 一里……21
忌避剤を用いた果実吸蛾類によるモモ果実への被害防止に関する研究 積木久明・田 睿林・泉 洋平……26
北海道におけるニンジン乾腐病の発生実態と発病要因 新村 昭憲……31
ナシ白紋羽病に対するフロンサイドSC(フルアジナム)の予防処理の重要性と根接ぎ処理による樹勢回復効果 井出 洋一……36
水田と果樹園における農薬流出対策とその効果 山本 幸洋……40
人工飼料の新たな利用の可能性―ミヤコカブリダニの長期的維持― 刑部正博・小川友佳……44
農業環境技術研究所における昆虫インベントリー研究 吉松 慎一……49
談話室
難防除害虫研究の思い出(14)シロイチモジヨトウ 高井 幹夫……53
リレー随筆
大学研究室紹介―キャンパスだより―(29)鳥取大学 植物病学・植物病理学研究室 尾谷 浩・児玉基一朗……55
新農薬紹介 ……59
新しく登録された農薬(20.11.1~11.30) ……20,25,30,35
登録が失効した農薬(20.11.1~11.30) ……57
発生予察情報・特殊報(20.11.1~11.30) ……39
up



copyright © japan plant protection association all.rights reserved.