平成23年
12月号
11月号
10月号
9月号
8月号
7月号
6月号
5月号
4月号
3月号
2月号
1月号
月刊誌「植物防疫」

第65巻第12号 平成23年12月号



ミニ特集:バンカー法の研究開発の現状と将来展望
バンカー法の歴史と将来展望 矢野 栄二……1
ショクガタマバエバンカーの開発 安部 順一朗……5
キイカブリダニバンカーの開発 古味 一洋……12
コレマンアブラバチバンカーの実用化 長坂幸吉・高橋尚之・岡林俊宏……18
ミヤコカブリダニバンカーの開発 岡留 和伸……25
リビングマルチを利用した害虫と雑草の管理技術 山下 伸夫……29
「飛ばテンプロジェクト」の成果と今後の課題 世古 智一……33
食品の安全性を確保するための麦類赤かび病の防除 中島  隆……39
赤かび病抵抗性コムギ品種育成を核にしたデオキシニバレノール汚染低減へ向けた北海道の取り組み 相馬  潤……43
トマト葉かび病菌の寄生性分化機構 飯田祐一郎・窪田昌春・雨川公洋……48
リレー随筆
残留農薬研究の現場から(9)大阪エコ農産物認証制度における農薬残留分析の役割 梅澤  類・井奥由子……52
農林水産省プレスリリース(23.10.16~23.11.15) ……28
新しく登録された農薬(23.10.1~10.31) ……4,11,17,24,32
登録が失効した農薬(23.10.1~10.31) ……32,42,55
発生予察情報・特殊報(23.10.1~10.31) ……51
第65巻総目次(月別・項目別) ……i~vi
up

第65巻第11号 平成23年11月号


ハダニタマバエFeltiella acarisuga(ハエ目:タマバエ科)の形態学的特徴および日本における分布と捕食対象ハダニ類,生活史特性 安部順一朗・喜久村智子・湯川淳一……1
沖縄県に分布する害虫ハダニ類の寄主利用パターンに見られる多様性 大野 豪・後藤哲雄……6
京都府におけるプラタナスグンバイの発生生態と殺虫剤感受性 徳丸 晋・上山 博……11
広島県におけるアワダチソウグンバイ(Corythucha marmorata(Uhler))の地理的分布 星野  滋……15
我が国におけるQoI剤耐性ブドウべと病菌の発生実態 鈴木俊二・青木是直……20
水稲疎植栽培がいもち病の発生に及ぼす影響 山田 真孝……25
透水性改善した土壌における熱水土壌消毒処理と接ぎ木によるトマト青枯病の防除 窪田 昌春……30
生物的防除に必要な天敵数の求め方 浦野  知……34
植物の免疫機能の強化による病害抵抗性向上の試み 岸本久太郎・香西雄介・西澤洋子……39
トピックス
第4回アジア植物病理学会議(ACPP)に参加して 石井 英夫……44
リレー随筆
残留農薬研究の現場から(8)マイナー作物における農薬残留試験の取り組み 小林 富雄……47
書評 ……43
農林水産省プレスリリース(23.9.16~23.10.15) ……50
新しく登録された農薬(23.9.1~9.30) ……5,14
登録が失効した農薬(23.9.1~9.30) ……10
発生予察情報・特殊報(23.9.1~9.30) ……33
up

第65巻第10号 平成23年10月号


累代飼育昆虫の虫質管理 宮竹 貴久……1
ウリ科作物の種子健全性検査で分離される果実汚斑細菌病菌に類似したAcidovorax属細菌につい 牧住芳之・五十嵐 充・後藤清孝・村尾和則・山本桃枝・加来久敏……7
ジャガイモ塊茎褐色輪紋病に対する抵抗性の品種間差異と粉状そうか病抵抗性との関係 中山 尊登……11
分子系統に基づくPythium属の新分類システム 埋橋 志穂美……15
鹿児島県並びに茨城県におけるアルファルファタコゾウムシの寄生性天敵 山口卓宏・井上栄明・林川修二・小西和彦・水谷信夫・守屋成一……21
カンキツグリーニング病原細菌の系統判別 加藤 寛……27
イチゴ小葉を用いたイチゴ炭疽病菌の簡易病原性判定法 鈴木 健……33
特定農薬(特定防除資材)の検討の現状について 農林水産省農産安全管理課農薬対策室……37
スワルスキーカブリダニを活用したメロンのIPM 増井 伸一……40
農林水産省プレスリリース(23.8.16~23.9.15) ……39
新しく登録された農薬(23.8.1~8.31) ……10,44,45,46
登録が失効した農薬(23.8.1~8.31) ……14
発生予察情報・特殊報(23.8.1~8.31) ……43
up

第65巻第9号 平成23年9月号


チャを加害する新害虫「チャトゲコナジラミ」 上宮健吉・吉安 裕・笠井 敦……1
静岡県浜松市沿岸地域のネギ属作物におけるIris yellow spot virusの発生生態の解明と防除に向けた取り組み 斉藤千温・多々良明夫・土井 誠……5
メロン退緑黄化病の媒介虫であるタバココナジラミに有効な薬剤防除 樋口聡志・行徳 裕……14
アスター,トルコギキョウで発生したCSNVによる新病害(茎えそ病) 桃井 千巳……18
栃木県に発生したTomato chlorosis virusによるトマト黄化病 福田 充・廣田知記・夏秋知英……22
輸入植物検疫の見直しにかかわる植物防疫法施行規則等の改正内容について 坂田 尚史……26
ジャガイモの種いも伝染性病害の切断刀伝染に対するマレイン酸の防除効果 田中 文夫ら……31
植物生育促進菌類Fusarium equisetiを用いたトマトおよびホウレンソウのフザリウム病の生物防 堀之内 勇人……35
クサギカメムシに関する最近の話題―越冬集団の形成を中心に― 外山 晶敏……39
石川県で確認されたスイゼンジナ青枯病 安達 直人……44
リレー随筆
残留農薬研究の現場から(7)埼玉県における残留農薬検査の取り組み 佐藤 賢一……47
農林水産省プレスリリース(23.7.16~23.8.15) ……25
新しく登録された農薬(23.7.1~7.31) ……17,30,34
登録が失効した農薬(23.7.1~7.31) ……43
発生予察情報・特殊報(23.7.1~7.31) ……21
up

第65巻第8号 平成23年8月号


ミニ特集:新たな土壌診断技術
総論 ―eDNAプロジェクトの成果とPCR―DGGE法による土壌診断― 對馬 誠也……1
根こぶ病防除薬剤の施用が土壌微生物群集に与える影響のPCR―DGGE法による評価 村上 弘治……7
トマト褐色根腐病発病履歴が異なる土壌における微生物群集のPCR―DGGE法による評価 関口 博之……11
ソメイヨシノの枝内におけるサクラてんぐ巣病菌の越冬部位の解明 松下範久・小松雅史・宝月岱造……15
Verticillium tricorpusによるレタスバーティシリウム萎凋病の発生 宇佐見俊行・神頭武嗣……19
コナジラミ類に寄生する3種のツヤコバチ類,チチュウカイツヤコバチ,サバクツヤコバチ,オンシツツヤコバチに対する殺虫剤の影響 杉山 恵太郎……23
ダイコンにおけるバーティシリウム黒点病症状等の障害根の非破壊計測法 小宮山 誠一……28
低濃度エタノールによる新規土壌消毒法の開発 門馬 法明……32
ウイロイドフリー植物作出のための新手法・超微小茎頂分裂組織培養法 細川 宗孝……37
トンネル栽培におけるニンジン菌核病の防除 広田恵介・田村 收・米本謙悟……42
ピーマンにおける青枯病抵抗性の評価と抵抗性台木品種の育成 杉田  亘……46
植物防疫基礎講座
アザミウマの見分け方(3)野菜栽培で問題となるアザミウマの見分け方 柴尾  学……50
昆虫やダニの「内的な発育最適温度」の理論と実際(2)推定計算法 池本 孝哉……56
新農薬の使い方
新規殺虫剤スピネトラム(ディアナ)剤の特徴と使い方 佐藤 直樹……61
農林水産省プレスリリース(23.6.16~23.7.15) ……14
新しく登録された農薬(23.6.1~6.30) ……45
登録が失効した農薬(23.6.1~6.30) ……31
発生予察情報・特殊報(23.6.1~6.30) ……60
up

第65巻第7号 平成23年7月号


ミニ特集:IPMのさらなる普及・推進に向けて
IPMの推進に向けて―これまでの経過と今後の取組― 農林水産省消費・安全局植物防疫課……1
JGAP普及がIPM普及に与える影響と効果 武田 泰明……6
愛知県におけるIPMの推進 西脇 謙二……14
高知県におけるIPMの推進 下元 満喜……20
宮崎県におけるICMの推進 黒木 修一……24
キャベツピシウム腐敗病菌Pythium ultimum var. ultimumによる結球期の茎腐敗症状 池田健太郎ら……29
ナシ炭疽病の発生生態と防除対策 金子洋平・梅本清作・鈴木 健・竹内妙子・牛尾進吾……34
ハダニ捕食性昆虫の生存・産卵に対するショ糖の効果 岸本 英成……38
斑点米カメムシの水田内侵入における寄生植物香気の役割 堀  雅敏……42
サツマイモネコブセンチュウの防除における植物ホルモン「ジャスモン酸」の応用の可能性 藤本岳人・水久保隆之……48
微粒剤Fの特徴と使い方 川島隆弘・藤田茂樹……54
植物防疫基礎講座
アザミウマの見分け方(2)植物検疫で発見されるアザミウマ類 桝本 雅身……61
昆虫やダニの「内的な発育最適温度」の理論と実際(1)内的な発育最適温度とは何か 池本 孝哉……68
書評 ……28
農林水産省プレスリリース(23.5.16~23.6.15) ……19
新しく登録された農薬(23.5.1~5.31) ……13
登録が失効した農薬(23.5.1~5.31) ……53
発生予察情報・特殊報(23.5.1~5.31) ……53
up

第65巻第6号 平成23年6月号



秋田県のリンゴ園における合成ピレスロイド系殺虫剤に感受性の低下したケナガカブリダニ個体群の発生 舟山 健……1
ネギ軟腐病に対するプロベナゾール剤の効果的な散布体系 山崎 修一……5
細菌によるチャ過敏感反応性状の自然発生 富濱 毅……9
ダイコン白さび病・わっか症の特徴と薬剤防除 植草 秀敏……15
殺菌剤TPNによる畑土壌中のアンモニア酸化阻害 山本 幸洋……20
飛ばないナミテントウを利用した施設コマツナ・ミズナのアブラムシ防除 安達鉄矢・柴尾 学……25
愛媛県におけるミカンバエ発生地域での取り組み 金﨑 秀司……29
薬剤の種子塗沫処理および石灰質資材を用いた土壌pHの調整によるダイズ茎疫病の防除 三室 元気……33
チアジニル粒剤のイチゴ炭疽病に対する防除効果 樋口 康一……38
乾熱種子消毒のダイズ褐斑粒防除体系への適用 黒田智久・名畑越夫・石川浩司……42
琉球列島におけるアフリカシロナヨトウの大発生 上里 卓己ら……47
植物防疫基礎講座
アザミウマの見分け方(1)農作物のアザミウマの見分け方 塘 忠顕……53
リレー随筆
残留農薬研究の現場から(6)JA全農の取り組み(「自主検査」の精度管理) 島村 裕二……58
農林水産省プレスリリース(23.4.16~23.5.15) ……28
新しく登録された農薬(23.4.1~4.30) ……46
登録が失効した農薬(23.4.1~4.30) ……37
発生予察情報・特殊報(23.3.16~4.30) ……8
up

第65巻第5号 平成23年5月号

平成23年度植物防疫事業・農薬安全対策の進め方について 農林水産省 植物防疫課,農産安全管理課農薬対策室……1
ナミハダニ防除薬剤の効果判定における葉片浸漬法の実用性 高梨祐明・豊島真吾……5
マイクロサテライトDNAマーカーを利用した天敵評価 日本典秀・檜垣智美・前田太郎・長森茂之・富所康広……14
ニカメイガをモデルとする種の絶滅過程の研究―絶滅危惧種を救うために― 桐谷圭治・田付貞洋……20
スプリンクラー散水によるクワシロカイガラムシ第1世代幼虫の防除 柿元一樹・富濱 毅……27
リビングマルチによるキャベツ害虫の密度抑制効果 増田 俊雄……32
モモシンクイガの合成性フェロモントラップに誘殺されるシンクイガ類 那須 義次……39
熱ショックによる野菜の病害抵抗性の誘導 佐藤 達雄……43
ダイズ子実汚斑病の防除 木村 重光……48
書評 ……47
新農薬紹介 ……54
農林水産省プレスリリース(23.3.16~23.4.15) ……42
新しく登録された農薬(23.3.1~3.31) ……4,13,19
登録が失効した農薬(23.3.1~3.31) ……26
発生予察情報・特殊報(23.3.1~3.31) ……3
up

第65巻第4号 平成23年4月号



平成23年度植物防疫研究課題の概要 農林水産省 農林水産技術会議事務局……1
チャにおける炭疽病・輪斑病複合抵抗性品種 ‘さえあかり’ を基幹とした病害防除 吉田克志・山田憲吾・園田亮一……4
クモヘリカメムシの発生時期を決定する環境要因 橘 真一郎……8
モモせん孔細菌病の発病に及ぼす気象の影響と防除対策 森本 涼子……12
植物ホルモンであるジャスモン酸によるミカンキイロアザミウマの忌避効果 安部 洋・小林正智・大西 純・下田武志・津田新哉……17
発泡散布を用いた病害防除の取り組み 西浦 芳史……23
マメシンクイガのダイズ圃場での発生生態 樋口博也・望月文昭……27
新規ネポウイルスの発見 冨高保弘・津田新哉……31
国内発生5種トスポウイルスを同時検出・同定するマルチプレックスRT―PCR法の開発 桑原克也・横井直人・大木健広・津田新哉……36
トウガラシ属植物のトバモウイルス抵抗性遺伝子Lの単離と機能解析 小林括平・山岡直人・西口正通・関根健太郎……41
セジロウンカが媒介するイネ南方黒すじ萎縮病(仮称)の発生 松村正哉・酒井淳一……46
東アフリカ,ウガンダにおけるイネ栽培と害虫の発生状況―ネリカ米を中心として― 藤家  梓……49
トピックス
第13回国際ダニ学会議報告 日本 典秀……56
リレー随筆
残留農薬研究の現場から(5)生産現場における農薬の飛散低減対策 谷川元一・國本佳範・西川 学……58
農林水産省プレスリリース(23.2.16~23.3.15) ……35
新しく登録された農薬(23.2.1~2.28) ……3,16,26
登録が失効した農薬(23.2.1~2.28) ……55
発生予察情報・特殊報(23.2.1~2.28) ……22
up

第65巻第3号 平成23年3月号


特集:カイコから害虫ゲノムへの展開
中国における昆虫ゲノム研究の現状 塩月孝博・梶原英之……1
比較ゲノムから見えてきた昆虫の神経ペプチド関連遺伝子群の特徴と害虫防除への利用展望 田中 良明……5
昆虫脱皮ホルモン生合成酵素の昆虫制御剤ターゲットとしての可能性 丹羽 隆介……10
チョウ目害虫とカイコのゲノム構造の類似性 瀬筒 秀樹……14
カイコゲノム情報統合データベースKAIKObase―完全長cDNA配列に基づくゲノムアノテーション― 末次 克行……18
チャを加害するミカントゲコナジラミ(チャ系統)の発生と防除 佐藤 安志……23
ナラ枯れの発生原因と対策 黒田 慶子……28
平成22年度新農薬実用化試験で注目された病害虫防除薬剤 林 直人・沼田京太……32
植物防疫基礎講座:昆虫類やダニ類のDNAクローニング法 三浦 一芸……49
リレー随筆
残留農薬研究の現場から(4)愛媛県における残留農薬検査の取り組み 間  健二……54
新農薬の使い方
昆虫行動制御剤ピリフルキナゾン(コルト顆粒水和剤)の特徴と使い方 諏訪明之・坂田和之……58
農林水産省プレスリリース(23.1.16~23.2.15) ……13
新しく登録された農薬(23.1.1~1.31) ……4
登録が失効した農薬(23.1.1~1.31) ……4,22
発生予察情報・特殊報(23.1.1~1.31) ……27
up

第65巻第2号 平成23年2月号



特集:ピシウム病害
総論:ピシウム菌の病原菌としての特徴 東條 元昭……1
Ebb&Flow方式の鉢物生産におけるピシウム病害の生態と防除 渡辺 秀樹……7
養液栽培におけるPythium根腐病の発生生態と防除 草刈 眞一……12
コンニャク根腐病とその防除 柴田  聡……18
ショウガ根茎腐敗病とその防除 山崎 睦子……23
ベニバナインゲンに発生するピシウム病とその防除 渡邊  健……28
近年発生頻度の高い高温性ピシウムの特徴 景山 幸二……32
ピシウム菌の分離のコツ 東條 元昭……37
近年記録された野菜・花きのピシウム新病害 佐藤  衛……39
ピシウム属菌が関与するパパイア連作障害とその対策 亀川 藍・宮城聡子……43
菌寄生菌としてのPythium 竹中 重仁……47
誘引植物を利用した野菜の害虫管理 永井一哉・飛川光治……51
チャバネアオカメムシにおける幼若ホルモン(JHSB3)の構造決定と害虫管理への応用の可能性 小滝豊美・品田哲郎……56
茨城県におけるナシ黒星病に対する薬剤防除 冨田恭範・小河原孝司・宮本拓也……61
平成22年農薬の出荷状況 農林水産省 消費・安全局 農産安全管理課……31
農林水産省プレスリリース(22.12.16~23.1.15) ……11
新しく登録された農薬(22.12.1~12.31) ……6,36,38
登録が失効した農薬(22.12.1~12.31) ……27
発生予察情報・特殊報(22.12.1~12.31) ……42
up

第65巻第1号 平成23年1月号


新年を迎えて 鈴木 伸男……1
新年を迎えて 駒崎 進吉……2
平成22年病害虫の発生と防除 農林水産省消費・安全局 植物防疫課……3
ジャガイモ主要病害虫を網羅的に同時検出できるマクロアレイ 眞岡 哲夫ら……13
弱毒ウイルスによるサツマイモ帯状粗皮病の防除技術の開発 山崎 修一……18
ボスカリド剤耐性キュウリ褐斑病菌の茨城県における発生状況とその特徴 宮本 拓也……23
紫外光(UV―B)照射によるイチゴうどんこ病の防除 神頭武嗣・松浦克成・小河拓也・宇佐見俊行・雨宮良幹……28
アスパラガス廃棄根株等の有機物施用によるキタネグサレセンチュウの密度低減効果 浦上 敦子……33
鹿児島県におけるリュウキュウミカンサビダニの発生実態と防除対策 堀江宏彰・藤川和博……38
画像処理による微小害虫の自動カウント 中野昭雄・藤原伸幸・寺田賢治……43
リンゴ紫紋羽病に対する液状複合肥料地表面灌注処理の発病抑制効果 浅利 正義……47
リレー随筆
残留農薬研究の現場から(3)GLP作物残留試験のための簡易製茶法の検討 中村幸二・本橋恒樹・小俣良介……51
新農薬紹介 ……55
農林水産省プレスリリース(22.11.16~22.12.15) ……55
新しく登録された農薬(22.11.1~11.30) ……17,27,37
登録が失効した農薬(22.11.1~11.30) ……54
発生予察情報・特殊報(22.11.1~11.30) ……22
up



copyright © japan plant protection association all.rights reserved.