平成24年
12月号
11月号
10月号
9月号
8月号
7月号
6月号
5月号
4月号
3月号
2月号
1月号
月刊誌「植物防疫」

第66巻第12号 平成24年12月号



特集:臭化メチル剤から完全に脱却した産地適合型栽培マニュアルの開発
土壌くん蒸用臭化メチル剤の終焉 津田 新哉……1
茨城県のピーマン産地のための脱臭化メチル栽培マニュアルの開発 小川孝之・垪和由佳理・後藤万紀・木村宏明・小野拓生……6
千葉県の地床アールス系メロン産地のための脱臭化メチル栽培マニュアルの開発 鐘ヶ江良彦・植松清次・押切浩江……11
愛知県のキュウリ産地のための脱臭化メチル栽培マニュアルの開発 武山桂子・志知昭宏・福田至朗……16
和歌山県の施設ショウガ産地のための脱臭化メチル栽培マニュアルの開発 衛藤夏葉・安井洋子・間佐古将則……19
高知県の露地ショウガ産地のための脱臭化メチル栽培マニュアルの開発 森田 泰彰……24
熊本県の露地ショウガ産地のための脱臭化メチル栽培マニュアル―これからのショウガは,四つの「C」で安定生産― 森山 美穂……29
宮崎県のキュウリ産地のための脱臭化メチル栽培マニュアルの開発 黒木  尚……35
鹿児島県の促成栽培ピーマン産地のための脱臭化メチル栽培マニュアル 西 八束・田布尾尚子・竹牟禮 穣・小粥理恵・津田新哉……39
ショウガ根茎腐敗病防除のための種根茎消毒技術 寺見 文宏……45
生分解性ポットによる土壌病害防除 西 八束・竹牟禮 穣・田布尾尚子・横山 恵……51
書評 ……34
農林水産省プレスリリース(24.10.16~24.11.15) ……23
新しく登録された農薬(24.10.1~10.31) ……15,18,50
登録が失効した農薬(24.10.1~10.31) ……38
発生予察情報・特殊報(24.10.1~10.31) ……23
第66巻総目次(月別・項目別) ……i~vi
up

第66巻第11号 平成24年11月号


植木・盆栽類を安全に輸出するための線虫対策 柴田 忠裕……1
佐賀県におけるチュウゴクナシキジラミの発生と防除対策 口木 文孝……6
オクラ果実黒斑病の発生に影響を及ぼす収穫後の環境要因 甲把(安達)理恵・宮﨑清宏・竹内繁治……12
緑色光照射による植物の病害抵抗性誘導―緑色光によるイチゴ炭そ病防除から― 工藤 りか……20
日本で分離されたCorynespora cassiicolaの病原性と分子系統 下元 祥史……24
マンゴーの害虫とその防除法 山口 卓宏……28
イヌマキの害虫ケブカトラカミキリの千葉県における新発生と防除 武田  藍……35
カシノナガキクイムシ用集合フェロモン剤とそれを利用した防除法 牧野 俊一……39
温州ミカンにおける炭酸カルシウム微粉末剤を用いたチャノキイロアザミウマ防除技術 金子 修治……45
農林水産省プレスリリース(24.9.16~24.10.15) ……44
新しく登録された農薬(24.9.1~9.30) ……5,27,50
登録が失効した農薬(24.9.1~9.30) ……11
発生予察情報・特殊報(24.9.1~9.30) ……38
up

第66巻第10号 平成24年10月号


導入カブリダニ類を土着種から識別する方法 豊島 真吾……1
キク半身萎凋病菌Verticillium dahliaeの病原性と系統類別 池田健太郎・漆原寿彦……5
MRL算出方法に関する海外の動向 松野倫也・髙嶺祥子・北村恭朗……9
重要病害虫発生時対応基本指針の制定 春日井 健司……16
PCR法を用いたイチゴ病害潜在感染苗検査法の開発 鈴木 健・吉田菜々子……20
緑肥作物チャガラシのすき込みによる土壌病害虫防除 佐久間 太……25
有機物施用による土壌微生物相変化のPCR―DGGE法での評価 宮丸 直子……29
コムギ赤かび病に対する防除手法の検討 大場 淳司……34
施設イチゴにおける「飛ばないナミテントウ」の特徴と利用法 田中雅也・八瀬順也・栁澤(松原)由加里・山下賢一……38
新規土壌用殺菌剤アミスルブロム(オラクルⓇ粉剤・顆粒水和剤)の特徴と使い方 若山 健二……43
新農薬紹介 ……52
農林水産省プレスリリース(24.8.16~24.9.15) ……19
新しく登録された農薬(24.8.1~8.31) ……4,42
登録が失効した農薬(24.8.1~8.31) ……28
発生予察情報・特殊報(24.8.1~8.31) ……24
up

第66巻第9号 平成24年9月号

up

第66巻第8号 平成24年8月号

ミニ特集:アカヒゲホソミドリカスミカメ発生予察技術の開発
アカヒゲホソミドリカスミカメ発生予察技術開発の背景 樋口 博也……1
圃場単位の要防除水準の策定(1)斑点米被害予測モデルの構築 高橋 明彦ら……3
圃場単位の要防除水準の策定(2)主要品種の要防除水準の策定 中島具子・横山克至・西島裕恵・吉島利則・片山雅雄……7
広域発生予察技術の開発 石本 万寿広……11
RT―nested PCR法によるニンジン種子からのニンジン黄化ウイルス核酸の検出 望月知史・岡 久美子・岡村有佳子・大木 理……16
さび病抵抗性を主としたネギの病害抵抗性育種の現状 若生 忠幸……21
トマト黄化葉巻病を媒介するタバココナジラミ類の総合防除体系の確立 近 達也・岩瀬亮三郎……26
EBC(Evidence―based Control)の概念とその実践―On―farm researchにおけるその重要性― 川口 章……34
果樹病害の殺菌剤の効率的な利用をすすめるうえで必要なエビデンス 井手 洋一……40
新規微生物殺虫剤ハスモンヨトウ核多角体病ウイルス水和剤(ハスモンキラー)の特徴と使い方 石川啓明・神谷克巳……44
植物防疫基礎講座
土壌病害の見分け方(4)ダイズ編 仲川 晃生……48
農林水産省プレスリリース(24.6.16~24.7.15) ……6
新しく登録された農薬(24.6.1~6.30) ……10
登録が失効した農薬(24.6.1~6.30) ……25
発生予察情報・特殊報(24.6.1~6.30) ……2
up

第66巻第7号 平成24年7月号



アカメガシワクダアザミウマを用いた施設シシトウ栽培におけるアザミウマ類の防除 櫻井 民人……1
ネギ葉枯病菌Stemphylium vesicariumの伝染環 三澤知央・安岡眞二……5
圃場周辺の景観構成は農業害虫の発生量に影響を及ぼしているのか?―斑点米カメムシ類の事例― 安田 美香……10
北日本においてはせ架け越冬罹病稲わらが本田葉いもちの伝染源になる可能性 本藏 良三……15
奈良県の促成イチゴ栽培でのイチゴハナゾウムシの発生生態と防除対策 井村 岳男……20
殺虫剤抵抗性管理の原理 鈴木 芳人……24
イヌを利用した猿害防止と繋留装置の開発 市ノ木山 浩道……29
潜在感染株からの降雨および灌水によるイチゴ炭疽病菌(Glomerella cingulata)の飛散 稲田  稔……32
ホモプシス根腐病菌の分布深度がキュウリにおける根部感染および萎凋症状に与える影響 永坂  厚……37
ワサビの害虫ゾウムシの正体 吉武 啓・藤沢 巧・後藤純子・千葉武勝……42
ハモグリヤドリヒメコバチとハモグリミドリヒメコバチの成虫に対する農薬の影響 多々良 明夫……46
新規フェロモン剤:シナンセルア剤(スカシバコンL)の特徴と使い方 内藤 尚之……53
植物防疫基礎講座
土壌病害の見分け方(3)メロン編 小河原 孝司……56
農林水産省プレスリリース(24.5.16~24.6.15) ……58
新しく登録された農薬(24.5.1~5.31) ……41
登録が失効した農薬(24.5.1~5.31) ……36
発生予察情報・特殊報(24.5.1~5.31) ……52
up

第66巻第6号 平成24年6月号



ミニ特集:昆虫の音響交信とその利用
マツノマダラカミキリにおける振動情報の機能解明と防除への応用 高梨 琢磨……1
チョウ目害虫における超音波を用いた行動制御技術 中野  亮……4
穿孔性甲虫類の音響交信とその防除の試み 大谷 英児……8
イモゾウムシの発音変異と防除に向けた展望 立田 晴記……14
アリモドキゾウムシの色彩多型を用いたマーキング法:不妊虫放飼法への利用 城本啓子・川村清久・原口 大・松山隆志……20
ダイズシストセンチュウの生態的特性と防除対策 串田 篤彦……25
糖質結合モジュールを使った植物土壌病害新規防除法の提案 苅田修一・清水将文……30
日本産の抵抗性誘導微生物Pythium oligandrum菌株研究の現状 竹中重仁・高橋英樹……36
量的シーケンシングを用いたカブリダニの種構成推定法 園田 昌司……41
徳島県のハウス栽培ニンジンに発生したホモノハダニと薬剤感受性 兼田武典・中野昭雄・亀代美香・南 利夫・青木一彦……46
喜界島におけるカンキツグリーニング病の緊急防除と根絶 農林水産省門司植物防疫所……52
鹿児島県指宿市におけるイモゾウムシおよびアリモドキゾウムシの緊急防除と根絶 農林水産省門司植物防疫所……54
植物防疫基礎講座
土壌病害の見分け方(2)サツマイモ編 渡邊  健……56
農林水産省プレスリリース(24.4.16~24.5.15) ……51
新しく登録された農薬(24.4.1~4.30) ……35
登録が失効した農薬(24.4.1~4.30) ……45
発生予察情報・特殊報(24.4.1~4.30) ……55
up

第66巻第5号 平成24年5月号


雨除け栽培で発生するトマトかいよう病に対する総合防除対策 川口  章……1
千葉県におけるナシ開花期および幼果期のナシ黒星病・心腐れ症の防除体系 金子 洋平……5
飛翔性小型害虫の簡易薬剤感受性検定法―プラスチック管瓶法の開発― 井村 岳男……9
メロンおよびキュウリのうどんこ病抵抗性遺伝子のマッピングと育種選抜への利用 吹野 伸子……14
我が国における害虫の天敵としての寄生蜂の同定体制―現状と問題点― 広瀬 義躬……19
手もみ式簡易磨砕容器「フィンガーマッシャー」と自動磨砕装置「オートマッシャー」の植物ウイルスの大量診断への利用 井手 洋一……24
日本産ジャガイモ青枯病菌の遺伝的および生理的特性 堀田光生・菅 康弘・大城 篤・土屋健一……28
真空処理によるイチゴのワタアブラムシおよびハダニ防除 佐藤 睦人……31
トマトに病原性を持つFusarium oxysporumの分化型およびレースのPCR法による識別 平野泰志・有江 力……35
植物防疫基礎講座
土壌病害の見分け方(1)ジャガイモ編 田中 文夫……42
農林水産省プレスリリース(24.3.16~24.4.15) ……48
新しく登録された農薬(24.3.1~3.31) ……18,34
登録が失効した農薬(24.3.1~3.31) ……41
発生予察情報・特殊報(24.3.1~3.31) ……27
up

第66巻第4号 平成24年4月号


平成24年度植物防疫事業・農薬安全対策の進め方について 農林水産省 消費・安全局植物防疫課,農産安全管理課農薬対策室……1
平成24年度植物防疫研究課題の概要 農林水産省 農林水産技術会議事務局……5
ミニ特集:雑草防除に関する最近の話題
外来雑草の非意図的導入と耕地への侵入・拡散 浅井 元朗……8
外来雑草の農業被害と分布・拡散パターン 黒川 俊二……12
自生化したライグラス類をめぐる生物間相互作用 山下 雅幸……16
農地生態系における雑草と種子食昆虫の生物間相互作用:IPMへの適用可能性 市原  実……20
国内外で発生したホウレンソウべと病菌レースの現状 山内 智史……24
RIPA法によるキュウリの3種ウイルス同時検定の改良 大崎 秀樹……28
日本に初発生が確認されたカンキツソローシスウイルス 伊藤 隆男……32
トマト退緑萎縮病(TCDVd)の伝染様式と防除対策 松浦 昌平……36
トウガラシ用台木品種への接ぎ木によるカラーピーマン(パプリカ)の青枯病抑制 古野 伸典……40
リレー随筆
残留農薬研究の現場から(12)群馬県における残留農薬検査の取り組み 酒井 宏・吉井治夫……45
農林水産省プレスリリース(24.2.16~24.3.15) ……27
新しく登録された農薬(24.2.1~2.29) ……23,39,48
登録が失効した農薬(24.2.1~2.29) ……19
発生予察情報・特殊報(24.2.1~2.29) ……15
up

第66巻第3号 平成24年3月号


不可欠用途臭化メチルの全廃に向けて 農林水産省消費・安全局植物防疫課……1
静岡県の現地茶園におけるチャハマキとチャノコカクモンハマキに対するトートリルア剤の実用性評価 小澤 朗人……6
簡易ネット被覆法によるチョウ目害虫の防除 国本佳範・神川 諭……13
リンゴ園におけるトビハマキ幼虫の越冬巣からの脱出時期と防除適期 石栗 陽一……17
モクセイ科植物を加害するマエアカスカシノメイガの生態 後藤 哲雄……22
アカヒゲホソミドリカスミカメ用の新規フェロモン剤 望月 文昭ら……28
昆虫データベース統合インベントリーシステム 吉武 啓・中谷至伸・吉松慎一・安田耕司……34
殺虫剤抵抗性機構の解析と今後の課題 園田 昌司……40
APGII2003 およびAPGIII2009 による被子植物の分類 長岡  求……46
平成23 年度新農薬実用化試験で注目された病害虫防除薬剤 林 直人・沼田京太……53
我が国が侵入を警戒している病害虫について(3)線虫 井関 崇・関本茂行……69
農林水産省プレスリリース(24.1.16~24.2.15) ……45
新しく登録された農薬(24.1.1~1.31) ……12,21,33
登録が失効した農薬(24.1.1~1.31) ……5
発生予察情報・特殊報(24.1.1~1.31) ……72
up

第66巻第2号 平成24年2月号


特集:アブラムシ生物学の新しい流れ
アブラムシの全ゲノム解読:その概要と今後の研究展望 重信 秀治……1
アブラムシの表現型多型にかかわる生理・発生機構 三浦  徹……4
アブラムシの寄主レース分化と無性生殖集団の起源 秋元信一・神戸 崇……9
分子レベルで見た兵隊アブラムシの行動と進化 沓掛 磨也子……15
共生細菌が変えるアブラムシの環境適応 𡈽田  努……20
新規防除法開発の標的としてのアブラムシ栄養共生系 中鉢  淳……24
イネウンカ類の長距離移動の最近の傾向 大塚  彰……30
レタスに発生するPythium属菌による立枯病 楠  幹生……34
植物内生放線菌を利用した病害防除研究の現状 清水 将文……39
ウェブサイトを利用したチューリップ病害の診断・防除 森脇丈治・守川俊幸・桃井千巳……43
鳥取県の砂丘畑においてナガイモを加害するタネバエの発生生態 伊澤宏毅・竹内亮一……47
我が国が侵入を警戒している病害虫について(2)病害 菅野智成・平川崇史・上田幸史……52
リレー随筆
残留農薬研究の現場から(11)和歌山県における残留農薬検査の取り組み―JA紀南の取り組みについて― 得田 紀代美……56
農林水産省プレスリリース(23.12.16~24.1.15) ……19
新しく登録された農薬(23.12.1~12.31) ……14,38
登録が失効した農薬(23.12.1~12.31) ……33,46
発生予察情報・特殊報(23.12.1~12.31) ……8
up

第66巻第1号 平成24年1月号


新年を迎えて 瀬川 雅裕……1
新年を迎えて 曽根 一人……2
平成23年病害虫の発生と防除 農林水産省消費・安全局 植物防疫課,農産安全管理課……3
与那国島におけるナスミバエの根絶達成 福ヶ迫 晃・岡本昌洋……13
ワタアブラムシの種内分化をDNA解析してわかったこと 駒崎 進吉……18
Xanthomonas arboricolaによるブドウ斑点細菌病の発生 澤田宏之・刀幸博・綿打享子……24
セルリーの新病害,Colletotrichum simmondsiiによる萎縮炭疽病 山岸 菜穂ら……31
オオムギ黒節病の発生と防除 山城  都……35
鹿児島県内の茶園におけるストロビルリン系薬剤耐性チャ輪斑病菌の発生実態と薬剤の防除効果 尾松 直志……39
ハクサイ類の根こぶ病抵抗性の遺伝学的研究と抵抗性品種の開発 松元  哲……43
農薬GLP制度の概要と作物残留試験への適用 農林水産省消費・安全局 農産安全管理課農薬対策室……47
我が国が侵入を警戒している病害虫について(1)害虫 上地俊久・有本 誠……51
リレー随筆
残留農薬研究の現場から(10)JAあいち経済連における残留農薬分析の取組 原  広志……55
農林水産省プレスリリース(23.11.16~23.12.15) ……34
新しく登録された農薬(23.11.1~11.30) ……17,23
登録が失効した農薬(23.11.1~11.30) ……50
発生予察情報・特殊報(23.11.1~11.30) ……54
up



copyright © japan plant protection association all.rights reserved.