平成27年
12月号
11月号
10月号
9月号
8月号
7月号
6月号
5月号
4月号
3月号
2月号
1月号
月刊誌「植物防疫」

第69巻第12号 平成27年12月号


クリックすると口絵がご覧いただけます
ミニ特集:ヒメボクトウの総合的な防除対策
ヒメボクトウの性フェロモンと交信かく乱 中牟田 潔……1
ナシにおけるヒメボクトウに対する防除対策について 中西 友章……4
リンゴにおけるヒメボクトウの生態と防除対策 星 博綱……9
ダリアに感染するウイルス・ウイロイドの検出技術の開発および国内における発生状況 浅野峻介・平山喜彦・仲 照史・松下陽介……12
日本におけるトマトハモグリバエの発見とその研究の展開(2) 阿部 芳久……17
「養蚕用除菌洗浄剤」の開発とその応用性―次亜塩素酸ナトリウムの短所を補う新たな使い方― 野澤 瑞佳……21
夏秋ピーマン圃場でのトマト黄化えそウイルス(TSWV)とミカンキイロアザミウマを含めた総合防除の取り組み―2.宿主内のTSWV量とミカンキイロアザミウマによる獲得頻度の関係およびTSWV保毒虫のモニタリング手法開発― 岡崎 真一郎……26
群馬県館林市・東京都福生市で発生が確認されたサクラ・ウメ等を加害する外来種クビアカツヤカミキリ  桐山 哲・岩田隆太郎・加賀谷悦子……31
カブモザイクウイルスの起源と拡散年代:種の壁を乗り越えて 大島 一里……34
非虫媒性トマト黄化葉巻ウイルスの特性とトマト黄化葉巻病防除への取り組み 新子泰規・森山美穂・瓦 朋子・西川尚志……38
防除の羅針盤
リレー連載 農薬を変えた農薬~開発ものがたり~⑤エトキサゾール 石田 達也……44
フィールド&ラボ~知って得する豆知識~① 森川 千春……49
エッセイ
楽しい“虫音楽”の世界(その11 蜘蛛の音楽) 柏田 雄三……53
農林水産省プレスリリース(27.10.10~11.15) ……8
新しく登録された農薬(27.10.1~10.31) ……54
登録が失効した農薬(27.10.1~10.31) ……11
発生予察情報・特殊報(27.10.1~10.31) ……16
第69巻総目次(月別・項目別) ……i~ix
up

第69巻第11号 平成27年11月号


クリックすると口絵がご覧いただけます
我が国に分布するコムギ縞萎縮ウイルスのゲノム配列から見た多様性 大木 健広……1
リンゴ園における非選択性殺虫剤散布がナミハダニの発生に及ぼす影響 舟山 健……5
夏秋ピーマン圃場でのトマト黄化えそウイルス(TSWV)とミカンキイロアザミウマを含めた総合防除の取り組み―1.冬期伝染環の解明― 岡崎 真一郎……10
福島県のアスパラガス露地栽培における茎枯病の体系防除 畑 有季・宍戸邦明……16
北海道におけるリーキ腐敗病の発生と被害軽減対策 堀田 治邦……21
オウトウ灰星病菌Monilinia fructicolaのジカルボキシイミド剤耐性菌の出現 栢森 美如……26
日本におけるトマトハモグリバエの発見とその研究の展開(1) 阿部 芳久……31
インド型イネ品種の保有するトビイロウンカ抵抗性遺伝子BPH26の単離とその利用に向けた展望 田村泰盛・安井 秀……36
果樹園での緑肥用ダイズ栽培による土着カブリダニ類の保護・強化 望月 雅俊……42
作業用手袋の利用によるピーマンのモザイク病接触伝染の抑制 後藤万紀・小川孝之……46
微生物処理誘導抵抗性によるナス科果菜類のネコブセンチュウ防除技術 水久保 隆之……51
防除の羅針盤
リレー連載 農薬を変えた農薬~開発ものがたり~(4)フルベンジアミド 津幡 健治……59
R&D フロンティア イネのスーパー遺伝子「HAP2E」~耐病性,耐乾性,耐塩性の付与と収量増に向けて~  西口 正道・M.M.Alam・小林 括平・市川 裕章……64
スポット
新しい土壌病害管理「ヘソディム」の開発と運用 吉田 重信……68
コ ラ ム
家庭園芸での農薬の適正使用
農林水産省プレスリリース(27.9.16~10.15) ……15
新しく登録された農薬(27.9.1~9.30) …… 4,25,30
登録が失効した農薬(27.9.1~9.30) ……41
発生予察情報・特殊報(27.9.1~9.30) ……20
up

第69巻第10号 平成27年10月号


クリックすると口絵がご覧いただけます
ミニ特集:根こぶ病の国内事情
アブラナ科植物根こぶ病菌の病原性と病原力の多様性 田中 秀平……1
ブロッコリー根こぶ病に対する殺菌剤の効果的な定植前土壌混和処理方法 森 充隆・中西 充……6
キャベツ根こぶ病の発病ポテンシャルの評価とそれに応じた殺菌剤による防除 鈴木啓史・辻 朋子・黒田克利……10
担い手の変化に対応した水稲病害虫防除戦略 植松 繁・八尾充睦・藪 哲男……16
イネの葉いもち発病抑制に対する量的抵抗性遺伝子の組合せ効果―量的抵抗性遺伝子の集積利用を目指して―  安田 伸子……21
ジャガイモヒゲナガアブラムシによるピーマン促成栽培施設での被害様相 柿元一樹・松比良邦彦・井上栄明・太田 泉・武田光能……25
カボチャ果実斑点細菌病の生態と防除 新村昭憲・美濃健一……32
佐賀県におけるアスパラガス疫病の発生 渡邊幸子・古田明子・稲田 稔……39
セジロウンカの飛来時期とイネの移植時期から見たイネ南方黒すじ萎縮病の発病リスク 松比良邦彦・井上栄明……43
冬期のマシン油乳剤散布によるチャ赤焼病の発病助長とその対策 吉田 克志……47
イチゴ小葉の炭疽病による赤色小斑の発生と防除対策 奈尾 雅浩……53
防除の羅針盤
リレー連載 農薬を変えた農薬~開発ものがたり~③ピリベンカルブ 貴田 健一……57
連載
あるといい「防除の知恵袋」(7)最終回 生産者の視点で「いつ・何を・どれだけ」 宗  和弘……62
スポット
モモせん孔細菌病の多発生地における効果的な防除対策技術の開発 尾形  正……67
コ ラ ム
緑化樹木の病害虫防除 千野 義彦……70
エッセイ
楽しい“虫音楽”の世界(その10 「虫供養」の音楽) 柏田 雄三……71
農林水産省プレスリリース(27.8.16~9.18) ……9
新しく登録された農薬(27.8.1~8.31) ……73,74
登録が失効した農薬(27.8.1~8.31) ……46
発生予察情報・特殊報(27.7.30~8.31) ……42
up

第69巻第9号 平成27年9月号


クリックすると口絵がご覧いただけます
特集:QoI剤耐性菌の発生状況とその対策(水稲編)
佐賀県におけるQoI剤耐性イネいもち病菌の発生とその対策 稲田 稔・菖蒲信一郎……1
福岡県におけるQoI剤耐性イネいもち病菌の発生とその対策 石井 貴明……5
岡山県におけるQoI剤耐性イネいもち病菌の発生とその対策 畔栁泰典・井上幸次・森本泰史……10
点変異検出技術―イネいもち病菌のQoI剤耐性変異の「1秒PCR」による検出 林 敬子・早野由里子……14
ペンチオピラドのキュウリうどんこ病菌に対する感受性検定法 小原敏明・堤 京子……19
Paper―disc法:PCRのためのイネいもち病菌DNAの簡易調整法 早野由里子・林 敬子……25
野菜害虫発生予察用フェロモントラップに特異的に混入する非標的種 河野 勝行……29
三重県におけるコムギ縞萎縮病の発生と防除対策 鈴木啓史・黒田克利……34
殺菌剤の残効性に基づいたコムギ雪腐黒色小粒菌核病および雪腐大粒菌核病に対する薬剤散布時期について 山名利一・小澤 徹……40
植物防疫基礎講座
市販小型容器を用いた水耕栽培による微小害虫の簡易飼育法 宇賀 博之……49
~リレー連載~
鳥獣害の発生生態と被害対策(3)ニホンジカの生態と農林業被害対策 堀野 眞一……53
防除の羅針盤
連載 チャ育種における病虫害抵抗性品種の現状と展望 萬屋  宏……58
リレー連載
農薬を変えた農薬~開発ものがたり~ ②ペンチオピラド 勝田 裕之……62
第23回果樹ウイルス性病害の国際会議(ICVF2015 Morioka)の開催報告 吉川信幸・磯貝雅道……66
交信撹乱剤の海外での使用状況 妹尾 裕幸……71
コ ラ ム
農薬製剤と機能性高分子 辻  孝三……75
エッセイ
創作「害虫折り紙」のはなし 平岡 浩佑……76
農林水産省プレスリリース(27.7.16~8.18) ……77
新しく登録された農薬(27.7.1~7.31) ……77
登録が失効した農薬(27.7.1~7.31) ……28
発生予察情報・特殊報(27.7.1~7.31) ……48
up

第69巻第8号 平成27年8月号


クリックすると口絵がご覧いただけます
特集:QoI剤耐性菌の発生状況とその対策
QoI剤耐性菌の現状 石井 英夫……1
神奈川県におけるQoI剤耐性ウリ科野菜つる枯病菌の発生とその対策 折原 紀子……7
レタス灰色かび病菌でのQoI剤耐性菌の発生 西村文宏・楠 幹生……12
静岡県におけるQoI剤耐性チャ輪斑病菌の発生とその対策 外側 正之……16
煮沸チャ葉法によるチャ輪斑病菌のQoI剤感受性検定 山田 憲吾……22
佐賀県におけるQoI剤耐性ナシ炭疽病菌の発生とその対策 野口 真弓……26
福岡県におけるQoI剤耐性ブドウ糸状菌病害の発生とその対策 菊原 賢次……30
沖縄県におけるQoI剤耐性マンゴー炭疽病菌の発生 澤岻 哲也……35
三重県におけるQoI剤耐性野菜類灰色かび病菌の発生 辻 朋子・鈴木啓史・黒田克利……39
~リレー連載~ 鳥獣害の発生生態と被害対策
鳥獣害保護管理法の骨子とその目的(1) 道明 真理……43
我が国における鳥獣害の発生実態とその対策(2) 百瀬  浩……48
防除の羅針盤
花きにおける病虫害抵抗性育種の現状と展望 小野崎 隆……53
連載
植物検疫に関する国際的枠組みの形成と機能の変遷(III)最終回 舟木 康郎……60
リレー連載
農薬を変えた農薬 ~開発ものがたり~ (1)プロベナゾール 岩田 道顯……64
今年前半の気象とキマダラカメムシ 平井 一男……64
エッセイ
楽しい“虫音楽”の世界(その9 トンボの歌碑を訪ねる) 柏田 雄三……72
農林水産省プレスリリース(27.6.16~7.15) ……6
新しく登録された農薬(27.6.1~6.30) ……73
登録が失効した農薬(27.6.1~6.30) ……29
発生予察情報・特殊報(27.6.1~6.30) ……15
up

第69巻第7号 平成27年7月号


クリックすると口絵がご覧いただけます
さび病菌の宿主と分布の拡大 山岡 裕一……1
青色光に見いだされた殺虫効果 ―新たな害虫防除技術の可能性― 堀  雅敏……6
果樹カメムシ類による温州ミカンの果皮障害の発生 﨑山 進二……12
捕食性天敵カブリダニと選択性殺ダニ剤併用によるハダニ密度抑制とそのプロセス 森 光太郎……16
最確数(Most Probable Number)とBio―PCR法を応用した,MPR―PCR法による青枯病菌の高感度定量検出法 井上康宏・中保一浩……23
果樹カメムシ類の加害によるナシ果実腐敗症状 殿河内寿子・唐津達彦……28
メロン黄化えそウイルス(Melon yellow spot virus)の迅速免疫ろ紙検定法(RIPA法)での診断に利用可能な代替粒子の探索 甲把(安達)理恵・津田新哉……31
防除の羅針盤
落葉果樹における病虫害抵抗性育種の現状と展望 阿部和幸・加藤秀憲・河野敦・山田 昌彦……35
連載
展着剤を上手に使うための基礎と応用(5)最終回 川島 和夫……40
連載
植物検疫に関する国際的枠組みの形成と機能の変遷(II) 舟木 康郎……45
エッセイ
あれも見たい!これも撮りたい!~私の昆虫撮影記~(その6 卵を守る昆虫) 野村 昌史……48
農林水産省プレスリリース(27.5.16~6.15) ……11
新しく登録された農薬(27.5.1~5.31) ……49
登録が失効した農薬(27.5.1~5.31) ……22
発生予察情報・特殊報(27.5.1~5.31) ……30
up

第69巻第6号 平成27年6月号


クリックすると口絵がご覧いただけます
モモせん孔細菌病の効率的防除に向けた疫学的アプローチ 川口  章……1
ナミハダニのUV―B応答:適応戦略と物理的防除の可能性 鈴木 丈詞……6
バイオコントロール細菌Pseudomonas protegensの根圏における生存戦略 竹内 香純……12
長期累代飼育にともなうアリモドキゾウムシの家畜化の進行 栗和田 隆……15
ゾウムシ類におけるオスの性的能力に注目した不妊化技術 熊野 了州……19
菌核病菌が子のう盤形成能を消失する湛水処理の条件 黒田克利・鈴木啓史・辻 朋子……24
低温期の土壌pH矯正によるネギ黒腐菌核病被害の軽減 伊代住浩幸・鈴木幹彦・墨岡宏紀……28
防除の羅針盤
カンキツにおける病虫害抵抗性育種の現状と展望 吉岡 照高……34
連載
植物検疫に関する国際的枠組みの形成と機能の変遷(I) 舟木 康郎……38
戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)~ 次世代農林水産業創造技術 ~「持続可能な農業生産のための新たな総合的植物保護技術の開発」 津田 新哉……42
バナナパナマ病の分子診断法に関する最近の話題 柏  毅・有江 力……45
新農薬の紹介
除草剤フェノキサスルホンの特長と使い方 高橋 優樹……48
コラム
‘みずわさび’~害虫防除の苦労ばなし~ 星野 敏明……50
エッセイ
楽しい“虫音楽”の世界(その8 県歌と市歌にも昆虫) 柏田 雄三……51
農林水産省プレスリリース(27.4.16~5.15) ……18
新しく登録された農薬(27.4.1~4.30) ……5
登録が失効した農薬(27.4.1~4.30) ……11
発生予察情報・特殊報(27.4.1~4.30) ……27
up

第69巻第5号 平成27年5月号


クリックすると口絵がご覧いただけます
タイリクヒメハナカメムシの生存に有用な植物 太田 泉・武田光能……1
北海道におけるトマト褐色根腐病の発生実態と総合防除対策 西脇 由恵……5
緑きょう病菌の害虫に対する微生物防除資材としての可能性 宇賀 博之……11
メロン栽培でスワルスキーカブリダニと併用可能な散布薬剤の選抜 増井 伸一……16
混用散布がナシ,ネギ,トマト,ナスでの農薬残留に及ぼす影響 内藤健二・佐藤一弘・佐藤賢一……22
チャバネアオカメムシの広域管理に向けた針葉樹人工林の季節ごとの景観の影響評価 滝  久智……28
千葉県におけるナシ萎縮病の発生状況と病原菌の特徴 金子 洋平……33
コムギ栽培におけるシロトビムシ類の被害と防除対策 清水 信孝……36
平成26年度新農薬実用化試験で注目された病害虫防除薬剤 林 直人・北條 広……40
防除の羅針盤
果菜類育種における病虫害抵抗性付与の現状と展望 松永  啓……56
連載 
あるといい「防除の知恵袋」(6)生産者の視点で 「いつ・何を・どれだけ」 宗  和弘……64
展着剤を上手に使うための基礎と応用(4) 川島 和夫……70
超臨界流体抽出法による残留農薬多種類高効率分析技術の開発と普及 安藤  孝……73
冬期気象の類似法による昆虫類発生量予想 平井 一男……77
エッセイ
あれも見たい!これもとりたい!~私の昆虫撮影記~(その5 青い昆虫たち) 野村 昌史……81
新しく登録された農薬(27.3.1~3.31) ……4,10,15
登録が失効した農薬(27.3.1~3.31) ……39
発生予察情報・特殊報(27.3.1~3.31) ……32
up

第69巻第4号 平成27年4月号


クリックすると口絵がご覧いただけます
平成27年度植物防疫事業・農薬安全対策の進め方について 農林水産省消費・安全局 植物防疫課,農産安全管理課農薬対策室……1
平成27年度植物防疫研究課題の概要 農林水産省農林水産技術会議事務局……6
ミニ特集:果樹害虫の新たな発生予察技術
カキノヘタムシガの防除適期を‘富有’の開花盛期から予測する 杖田 浩二……9
カキのフジコナカイガラムシの発生をフェロモントラップで予察する 奈良井祐隆・澤村信生……13
ナシヒメシンクイの発生をモモの新梢被害から予測する 佐々木 正剛……18
サクラに設置したフェロモントラップによるナシヒメシンクイ成虫の発生予測 杉浦 直幸……25
交信かく乱剤でモモハモグリガの発生を調べる 笹脇彰徳・金子政夫・伊原竜夫・渡邊奈央……30
温州萎縮病の周年検定について 加藤光弘・石井香奈子・影山智津子・上西啓資・藤田絢香・草野成夫・野口真弓・岩波 徹……35
イチジク株枯病の新しい防除技術―苗木の熱消毒と土壌の病害抑止力向上― 三輪由佳・瓦谷光男……39
防除の羅針盤
葉根菜類における病虫害抵抗性育種の現状と展望 小原 隆由……45
農薬適正使用と農薬のラベル表示について 國本 佳範……50
連載
日本の農薬産業技術史(7)最終回 大田 博樹……55
コラム
化学農薬と生物農薬と相互利用の勧め~生物&化学同棲時代~ 和田 哲夫……59
エッセイ
楽しい“虫音楽”の世界(その7 雅楽の中の昆虫たち) 柏田 雄三……61
新農薬の紹介
殺菌剤ピリオフェノンの特徴と使い方 荒木智史・小川宗和……62
新しく登録された農薬(27.2.1~2.28) ……12,24
登録が失効した農薬(27.2.1~2.28) ……43
発生予察情報・特殊報(27.2.1~2.28) ……43
up

第69巻第3号 平成27年3月号


クリックすると口絵がご覧いただけます
特集:スクミリンゴガイ研究の進展状況と防除技術の展望
福岡県におけるスクミリンゴガイの発生の経緯と現状 清水 信孝……1
千葉県におけるスクミリンゴガイの発生状況と防除対策,および予察法の検討について 松下 みどり……6
スクミリンゴガイの日本における発生状況と農薬による水稲の被害回避における問題点 和田  節……9
天敵相を活性化して外来種を制御する:スクミリンゴガイに対する新たな管理法の試み 遊佐 陽一……14
スクミリンゴガイの物理的防除と水路における産卵抑制 高橋仁康・田坂幸平……19
電気的手法によるスクミリンゴガイ防除の試み 柳生義人・大島多美子・猪原武士・川崎仁晴・須田義昭……23
リンゴガイ類の分類方法と侵入地への侵入状況 松倉 啓一郎……29
スクミリンゴガイの耐寒性 泉  洋平……34
リンゴガイ類の繁殖生物学 Silvana BURELA……37
防除の羅針盤
韓国における土壌微生物資材の利用状況とその認証制度 橋本 知義・Park KWANG-LAI……42
いも類・甘味資源作物における病虫害抵抗性育種の現状と展望 羽鹿 牧太……46
連載
あるといい「防除の知恵袋」(5)―生産者の視点で「いつ・何を・どれだけ」― 宗  和弘……52
展着剤を上手に使うための基礎と応用(3) 川島 和夫……57
第7回環境保全型農業シンポジウム・第18回日本バイオロジカルコントロール協議会講演会に参加して 荒木  均……61
コラム
夏の風物詩“イチゴ空毛ハウスの密封” 小玉 孝司……63
エッセイ
あれも見たい!これも撮りたい!~私の昆虫撮影記~(その4 憧れのチョウ) 野村 昌史……64
農林水産省プレスリリース(27.1.16~2.15) ……28
新しく登録された農薬(27.1.1~1.31) ……5,18,33
登録が失効した農薬(27.1.1~1.31) ……40
発生予察情報・特殊報(27.1.1~1.31) ……22
up

第69巻第2号 平成27年2月号


クリックすると口絵がご覧いただけます
オウトウショウジョウバエの日本と欧米における生態と防除の研究事例 瀬戸昌宣・金城寛俊・仲井まどか……1
カンキツグリーニング病の媒介昆虫であるミカンキジラミの地域個体群の評価 冨村 健太……7
Rhizoctonia属菌の分類の現状と同定法 三澤 知央……12
宮崎県におけるネオニコチノイド抵抗性ワタアブラムシの発生 松浦  明……16
ビワを加害する新種の侵入害虫ビワキジラミ 井上 広光……21
徳島県でのビワキジラミの発生状況と薬剤防除対策 中西友章・今井健司・兼田武典・武知耕二……26
根頭がんしゅ病菌・毛根病菌における最新学名への読み替え 澤田宏之・瀧川雄一・牧野考宏……30
切り花ギクに利用可能な黄色LEDパルス光によるヤガ類の防除技術 石倉  聡……37
岩手県におけるホウレンソウ白斑病の発生とその防除 岩舘 康哉……43
人工飼料を用いたオオメナガカメムシ(オオメカメムシ)の定着向上技術の開発 五十嵐清晃・野村昌史・大井田 寬……47
防除の羅針盤
新農薬実用化試験 日本植物防疫協会 調査企画部……53
連載
病虫害抵抗性付与の品種開発(2)コムギ育種における病害虫抵抗性付与の現状と展望 小田 俊介……55
病虫害抵抗性付与の品種開発(3)ダイズ育種における病害虫抵抗性付与の現状と展望 羽鹿 牧太……58
日本の農薬産業技術史(6) 大田 博樹……62
コラム
考察~植物工場と植物防疫~ 梅津 憲治……66
エッセイ
楽しい“虫音楽”の世界(その6) 柏田 雄三……67
新しく登録された農薬(26.12.1~12.31) ……2
登録が失効した農薬(26.12.1~12.31) ……6
発生予察情報・特殊報(26.12.1~12.31) ……46
up

第69巻第1号 平成27年1月号


クリックすると口絵がご覧いただけます
新年を迎えて 小野  仁……1
新年を迎えて 石黒  潔……2
平成26年病害虫の発生と防除 農林水産省消費・安全局 植物防疫課,農産安全管理課……3
日本に飛来するトビイロウンカとセジロウンカの薬剤感受性の長期的変動 松村 正哉……13
イネ縞葉枯病と抵抗性品種の利用 早野 由里子……18
虫体圧搾処理と簡易ELISAによる簡便・迅速なイネ縞葉枯ウイルス保毒虫検定の開発 杉山恵乃・奥田 充・柴 卓也・平江雅宏・大藤泰雄……23
チャノキイロアザミウマC系統の特徴と遺伝子診断法 𡈽田  聡……28
フザリウム属カビ毒・デオキシニバレノールとゼアラレノンの毒性と製粉による残存程度 久城 真代……33
カビ毒配糖体(マスクドマイコトキシン)の探索 中川 博之……37
小麦赤かび病におけるかび毒蓄積と濡れ時間との関係 黒瀬 義孝……43
菌核に反映される雪腐小粒菌核病菌の生活史戦略 松本 直幸……48
防除の羅針盤
新農薬実用化試験の概要報告 日本植物防疫協会 調査企画部……55
法政大学 植物医科学センターの設立 西尾  健……57
連載
病虫害抵抗性付与の品種開発(1)イネ育種における病虫害抵抗性付与の現状と展望 前田 英郎……60
あるといい「防除の知恵袋」(4)―生産者の視点で「いつ・何を・どれだけ」― 宗  和弘……65
展着剤を上手に使うための基礎と応用(2) 川島 和夫……69
コラム
生態補償地 平井 一男……73
エッセイ
あれも見たい!これも撮りたい!~私の昆虫撮影記~(その3 空飛ぶハサミムシ) 野村 昌史……74
新しく登録された農薬(26.11.1~11.30) ……36
登録が失効した農薬(26.11.1~11.30) ……12
発生予察情報・特殊報(26.11.1~11.30) ……27
up



copyright © japan plant protection association all.rights reserved.