2019年
12月号
11月号
10月号
9月号
8月号
7月号
6月号
5月号
4月号
3月号
2月号
1月号
月刊誌「植物防疫」

第73巻第7号 2019年7月号

巻頭言
大学で講義をしていて思うこと 夏目 雅裕……1
総 説
クビアカツヤカミキリの発生と防除の現状 三代 浩二……2
調査報告
クビアカツヤカミキリに対する農薬登録促進に向けた取り組みについて 舟木 勇樹……7
研究報告
高知県のIPM技術を導入している施設栽培野菜類で問題となっているアザミウマ類とカスミカメムシ類 中石一英・近森ちさこ・戸梶加奈子・下元満喜・山下 泉……14
Berkeleyomyces rouxiaeによるレタス黒根病の発生 中根 麗・宇佐見俊行・三木静恵……19
常温煙霧法の特性解明と保護殺菌剤の適用拡大 北條 広・荒井雄太・沼田京太・中村達都・河野敏郎・冨田恭範……23
トピックス
ツマジロクサヨトウの中国における分布拡大と日本への侵入警戒 松村正哉・大塚 彰・吉松慎一……28
我が国におけるジャガイモシロシストセンチュウの発生と根絶に向けた防除対策について 奈良部 孝……33
石川県におけるイナゴ類の発生状況 渡邊照之・八尾充睦……38
植物防疫講座
病害編-19 ピシウム菌による病害の発生生態と防除 東條 元昭……42
虫害編-18 野菜のアブラムシ類の発生生態と防除 太田 泉……47
農薬編-19 幼若ホルモン類似剤 大橋 和典……55
新農薬の紹介
新規殺虫剤フルキサメタミドの特長 安藤公則・春山裕史……59
研究室紹介
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 三代 浩二……63
徳島県立農林水産総合技術支援センター 資源環境研究課病害虫・鳥獣担当 中野 昭雄……64
書 評
植物病理学 第2版 岡山 健夫……65
農林水産省プレスリリース(2019.5.9~2019.6.5) ……22
新しく登録された農薬(2019.5.1~5.31) ……13, 37, 46
登録が失効した農薬(2019.5.1~5.31) ……32
発生予察情報・特殊報(2019.5.1~5.31) ……27
up

第73巻第6号 2019年6月号

巻頭言
「越境」するものの研究をめぐって 松村 正哉……1
総 説
栽培終了後のカーバムナトリウム塩(キルパー®)の新しい処理方法について 府賀 伸彦……2
施設野菜栽培におけるアブラムシ類制御のための天敵利用技術の現状と今後 安部 順一朗……10
薬剤抵抗性研究の最前線
「薬剤抵抗性農業害虫管理のためのガイドライン案」活用のメリット 中島 信彦……15
ワタアブラムシにおけるネオニコチノイド剤抵抗性発達メカニズムの解明と診断法の開発 𡈽田 聡・平田晃一……20
ナミハダニのエトキサゾール抵抗性と診断法 刑部 正博……25
研究報告
タマネギべと病の第一次伝染に関する最近の研究 渡邊幸子・菖蒲信一郎……31
広島県におけるキク白さび病菌のQoI剤感受性の現状 松浦 昌平……38
日植防シンポジウムから
深層学習を用いた病害虫識別技術の開発 岩崎 亘典……42
センサーデータとAIを活用した病害感染リスク予測 盛 朝子……49
植物防疫講座
病害編-18 菌核病菌による病害の発生生態と防除 窪田 昌春……55
虫害編-17 斑点米カメムシ類の生態と防除-2―ホソハリカメムシ,クモヘリカメムシ,ミナミアオカメムシ,イネカメムシ― 樋口 博也……60
農薬編-18 アセチルコリンエステラーゼ阻害剤(有機リン剤) 下川床 康孝……64
研究室紹介
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 野菜花き研究部門 野菜生産システム研究領域 生産環境ユニット 窪田 昌春……69
広島県立総合技術研究所 農業技術センター 生産環境研究部 松浦 昌平……70
書 評
新版 農薬の科学 廣岡 卓……71
農林水産省プレスリリース(2019.4.5~2019.5.8) ……24
新しく登録された農薬(2019.4.1~4.30) 3……37
登録が失効した農薬(2019.4.1~4.30) ……19
発生予察情報・特殊報(2019.4.1~4.30) ……30
up

第73巻第5号 2019年5月号

巻頭言
「診断」を巡る雑感 大藤 泰雄……1
総 説
長崎県の暖地二期作バレイショ栽培におけるジャガイモシストセンチュウの根絶に向けた防除モデル 福吉賢三・寺本 健・菅 康弘……2
研究報告
オオバのシソサビダニとモザイク病―シソサビダニとシソモザイクウイルスの生態および検出技術― 上遠野冨士夫・多々良明夫・鍵和田 聡・鈴木良地・千秋祐也・久保田健嗣……9
オオバのシソサビダニとモザイク病対策―総合防除体系の開発と産地への普及の取り組み― 下八川裕司・森田泰彰・恒川健太……15
茨城県におけるミズナ立枯れ症の発生実態と防除対策 林 可奈子・宮本拓也・田中弘毅……19
新技術解説
イネいもち病抵抗性を定量的に評価する室内接種系の構築 髙原 浩之……25
日植防シンポジウムから
農業生産現場におけるマルチコプターの活用例 吉田 隆延……28
気象データを利用した害虫の発生予測―メッシュ農業気象データシステムを利用した害虫の発生予測の利点と課題― 西野 実……33
植物防疫講座
病害編-17 麦類赤かび病の発生生態と防除 吉田 めぐみ……36
虫害編-15 イネシンガレセンチュウの発生生態,調査法および防除法 星野 滋……42
虫害編-16 斑点米カメムシ類の生態と防除-1―カスミカメムシ類― 樋口 博也……49
農薬編-17 プロトン勾配を撹乱する酸化的リン酸化脱共役殺虫剤―ピロール系― 郡嶋浩志・竹田 遼・加藤良晃・瀬古隆司……56
研究室紹介
岐阜県農業技術センター 病理昆虫部 天野 昭子……64
滋賀県農業技術振興センター 環境研究部 病害虫管理係 江波 義成……65
農林水産省プレスリリース(2019.3.8~2019.4.5) ……55
新しく登録された農薬(2019.3.1~3.31) ……32
登録が失効した農薬(2019.3.1~3.31) ……24
発生予察情報・特殊報(2019.3.1~3.31) ……61
up

第73巻第4号 2019年4月号

巻頭言
持続可能な開発目標(SDGs)への農薬産業の貢献 西本 麗……1
時事解説
2019年度植物防疫事業・農薬安全対策の進め方について 農林水産省 消費・安全局 植物防疫課,農産安全管理課 農薬対策室……2
平成31年度植物防疫研究課題の概要 農林水産省 農林水産技術会議事務局 研究開発官(基礎・基盤,環境)室……10
研究報告
ルミネックス法を用いた複数遺伝子の殺菌剤耐性変異の同時検出 二反田正悟・藤本菜月・藤村 真……14
新技術解説
日本産チャバネアオカメムシ類の最新の分類 石川 忠・守屋成一……20
モモシンクイガの幼虫と卵の見分け方 那須 義次……25
トピックス
調査ラベルに用いる市販油性マーカーの耐候性について 石川 陽介……29
日植防シンポジウムから
我が国におけるスマート農業への取り組み 長峰 徹昭……32
ICTを活用した防除機開発の取り組み 湯浅 一康……37
植物防疫講座
病害編-16 炭疽病菌による病害の発生生態と防除 平山喜彦・杉村輝彦・浅野峻介……43
虫害編-14 スクミリンゴガイの発生生態と防除 松倉 啓一郎……49
農薬編-15 ニコチン性アセチルコリン受容体チャネルブロッカー―ネライストキシン誘導体― 大河原 雄一……53
農薬編-16 グルタミン酸作動性塩素イオンチャネルアロステリックモジュレーター―アベルメクチン系およびミルベマイシン系― 船田 剛玄……59
研究室紹介
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業研究センター 虫・鳥獣害研究領域 虫害防除体系グループ 平江 雅宏……64
神奈川県農業技術センター 生産環境部 大矢 武志……65
農林水産省プレスリリース(2019.2.12~2019.3.7) ……19
新しく登録された農薬(2019.2.1~2.28) ……28, 42, 57
登録が失効した農薬(2019.2.1~2.28) ……63
発生予察情報・特殊報(2019.2.1~2.28) ……31
up

第73巻第3号 2019年3月号

巻頭言
雑誌“植物防疫”について思うこと 田中 啓司……1
研究報告
採種スイカにおける害虫発生状況と防除対策 井村 岳男……2
着色期の柑橘類を加害するハナアザミウマとその防除対策 東浦 祥光……6
沖縄県北大東島のサトウキビ畑における植物寄生性線虫の実態と収量への影響 河野辺雅徳・宮丸直子……12
ホップべと病およびうどんこ病への化学合成農薬の適用拡大と新規防除体系確立の取り組み 岩舘康哉・大友令史・菅 広和……19
タマネギの小菌核病に対する効率的防除対策 池谷美奈子・山名利一……24
調査報告
農業生物資源ジーンバンクにおけるRalstonia属細菌の学名の見直し 澤田宏之・山﨑福容・竹谷 勝・永井利郎・青木孝之・堀田光生……29
沖縄県におけるサツマイモトビハムシの分布状況とその寄主植物 小濱 継雄……37
新技術解説
アライグマ専用捕獲器の開発 小川 倫史……41
植物防疫講座
病害編-15 野菜などに発生するべと病の発生生態と防除 佐藤 衛……44
虫害編-13 イチモンジセセリの発生生態と防除 石崎 摩美……49
農薬編-14 微生物由来昆虫中腸内膜破壊剤―Bacillus thuringiensisと殺虫タンパク質生産物― 浅野 眞一郎……54
研究室紹介
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業研究センター 虫・鳥獣害研究領域 鳥獣害グループ 竹内 正彦……57
福岡県農林業総合試験場 八女分場 角重 和浩……58
農林水産省プレスリリース(2019.1.11~2019.2.8) ……17
新しく登録された農薬(2019.1.1~1.31) ……11, 59, 60
登録が失効した農薬(2019.1.1~1.31) ……60
発生予察情報・特殊報(2019.1.1~1.31) ……43
up

第73巻第2号 2019年2月号

巻頭言
むかしも今も 早川 泰弘……1
ミニ特集:キウイフルーツかいよう病(Psa3系統)
キウイフルーツかいよう病のPsa3系統の発生の経緯と現状について 越智 直……2
愛媛県におけるキウイフルーツかいよう病(Psa3系統)の現状と対策 青野光男・宮田信輝・篠﨑 毅……6
福岡県における現状と対策 菊原 賢次……11
和歌山県におけるキウイフルーツかいよう病の発生 間佐古 将則……16
研究報告
北海道のミニトマト栽培におけるトマト斑点病の発生実態と薬剤の防除効果 白井 佳代……21
光反射資材によるブドウのクビアカスカシバの被害抑制効果 河村 俊和……26
農研機構メッシュ農業気象データシステムとその病害虫分野での利用について 大野宏之・西野 実・芦澤武人……31
新技術解説
気象予測値を用いた病害虫防除適期予測の精度向上―カンシャコバネナガカメムシにおける精度検証― 萱場亙起・永山敦士・田村弘人・真武信一……36
植物防疫講座
病害編 さび病菌の生態と防除 山岡 裕一……44
虫害編 ニカメイガの発生生態と防除 松倉 啓一郎……52
農薬編 ナトリウムチャネルモジュレーター―ピレスロイド系,ピレトリン系― 齋藤 康将……56
新農薬の紹介
新規殺虫剤ピラキサルト™の特長 大上 恵・阿部新太郎……62
研究室紹介
農研機構 中央農業研究センター 病害研究領域 リスク解析グループ 田中 穣……66
地方独立行政法人 青森県産業技術センター 野菜研究所 病虫部 新藤 潤一……67
農林水産省プレスリリース(2018.12.11~2019.1.10) ……35
新しく登録された農薬(2018.12.1~12.31) ……43, 51, 61
登録が失効した農薬(2018.12.1~12.31) ……20
発生予察情報・特殊報(2018.12.1~12.31) ……10
up

第73巻第1号 2019年1月号

巻頭言
創刊73年目を迎えて 藤田 俊一……1
新年を迎えて 松岡 謙二……2
新年を迎えて 大藤 泰雄……3
調査報告
平成30年病害虫の発生と防除 農林水産省 消費・安全局 植物防疫課,農薬対策室……4
研究報告
ネギ黒腐菌核病の発生実態と防除対策上の課題 伊代住浩幸・斎藤千温……16
高知県に分布するニラ白斑葉枯病菌と薬剤の防除効果 矢野 和孝……21
土着広食性カブリダニ4種に対する各種殺虫剤の影響評価 岸本 英成……25
調査報告
ブータン王国の農業風土と害虫問題 藤家 梓・Ugyen Dorji・Kinley Dorji……30
日植防シンポジウムから
農薬の再評価制度と課題 横田 篤宜……36
天敵利用をめぐる海外の動向と我が国における展望 里見 純……41
青森県のりんご病害虫防除における現場指導と今後 川嶋 浩三……47
植物防疫講座
病害編 うどんこ病菌による病害の発生生態と防除 高松 進・宮本拓也……53
農薬編 ダニ類成長阻害剤(MGI)―ヘキシチアゾクス,クロフェンテジン,エトキサゾール― 山本 敦司……59
研究室紹介
農研機構 中央農業研究センター 虫・鳥獣害研究領域 情報化学物質グループ 安田 哲也……66
香川県農業試験場 府中果樹研究所 環境担当 生咲 巌……67
書評
ハモグリバエ防除ハンドブック 阿部 芳久……68
農林水産省プレスリリース(2018.11.14~12.10) ……29
新しく登録された農薬(2018.11.1~11.30) ……45,52
登録が失効した農薬(2018.11.1~11.30) ……24
発生予察情報・特殊報(2018.11.1~11.30) ……35
up



copyright © japan plant protection association all.rights reserved.